スポンサー広告 > [咲-saki-闘牌小説] 悶絶! 小走先輩 ~阿知賀地獄編~
咲-saki-SS > [咲-saki-闘牌小説] 悶絶! 小走先輩 ~阿知賀地獄編~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[咲-saki-闘牌小説] 悶絶! 小走先輩 ~阿知賀地獄編~

小走「私は県予選個人戦で優勝した。その間、二着以下をとったことは一度もない」
  「全国でもそのつもりだ。私は王者として全国に行き、王者として帰ってくる」
  「しかし… そのためには懸案が一つある。私は団体戦で、ニワカ麻雀部の先鋒に稼ぎ負けてしまった」
  「このままでは全国に王者として凱旋することはできない。しかし、あのニワカは個人戦に参加することもないという」
  「私が王者たるためには、全国に行く前に、ここ奈良県であのニワカを倒しておく必要がある」

阿知賀女子

小走「たのもー」

宥 「だ、誰…?」
小走「晩成の小走だ。そちらの団体戦の先鋒と手合わせ願いたい」
宥 「あの… 玄ちゃんなら、いまは出かけてますけど」
小走「構わん。待たせてもらおう」

宥 「ど、どうしよう…」
憧 「別に追い返すこともないでしょ。練習試合なら望むところだし」
灼 「それより、県の個人戦優勝者をほっとくのは体面が悪…」

宥 「あのー。何のおもてなしもできなくてすみません…」
  「せめて、待っていただく間、私たちがお相手できないでしょうか」
小走「いいだろう。揉んでやろう」


場決め
東家(起家):小走やえ 南家:鷺森灼 西家:松実宥 北家:新子憧

東1局 ドラ7p

10巡目
小走
一萬二萬三萬五萬六萬六筒七筒六索六索七索七索八索八索
ツモ:4m

小走(ふむ… 6pを引けばドラを切ってリーチするつもりだったが)
  (ここでドラタンでリーチをかけるのはニワカだ。ドラタンのダマもニワカだな。ドラ切りリーチなど論外だ)

小走「おみせしよう! 王者の打ち筋を!」

打:7s

次巡
ツモ:8p

小走(69sで打ちとる!)
小走「リーチ!」

九筒八萬白發三索東
七索八索横


打:白

打:9p

打:東

次巡
小走
ツモ:4s

小走「くッ」
灼 「ポン」

打:2m

小走(押されてる… それに4sは序盤にニワカツインテールが切っている。だいぶ安牌を開拓されてしまったな…)

宥(助かった…)
打:2s

憧(ラッキー。3sアンコ落としでかわせる)
打:3s

次巡

打:1s

灼「ポン!」

打:2m

2巡後

灼「ツモ! 2000・4000!」

三索三索三索七筒七筒九筒九筒 四索横四索四索 一索一索一索横

ツモ:7p

小走(ふっ。マンガンとはいえ、親リー相手に1枚切れのシャボで勝負とはこいつとんだニワカだな)

小走:21000 灼:33000 宥:23000 憧:23000


東2局 ドラ9m

7巡目

憧 「チー!」
五萬横三萬四萬
打:9m

憧「チー!」
三索横二索四索
打:2p

憧「ツモ! 500・1000!」
五萬赤六萬七萬四筒四筒六筒六筒 五萬横三萬四萬 三索横二索四索
ツモ:4p

小走(何だそれは… 愚形を二つも残して34567の3メンチャンから鳴いたのか。鳴くとしても2mだろう。阿知賀のツインテールは速攻の名手ときいていたが、とんだニワカだな)

小走:20500 灼:32000 宥:22500 憧:25000


東3局

6巡目
憧 「ツモ。300・500」
三萬四萬五筒六筒七筒四索四索五索六索七索 四索横五索六索
ツモ:5m

小走(いくら速攻でも6巡目の完全イーシャンテンを鳴きはしない。ニワカ速攻派だな」

小走:20200 灼:31700 宥:22000 憧:26100



東4局 ドラ西


6巡目
一筒二筒二索四索五索八索二萬二萬四萬六萬六萬七萬八萬
ツモ:5s
憧 (うーん。宥姉の捨て牌にピンズが高いなぁ…)

七萬九索北四索二索二萬

憧 (切るならピンズの溢れてない今のうちか)
打:2p

次巡
宥 「」カチャカチャ、クルッ
宥 「リーチ」
打:1p

憧 (あぶなっ。1pから切ってたら、今ごろ手詰まりしてた)

小走(メンホンでリーチとは… 舐められたものだ)

数巡後
宥「ツモ」

三筒三筒三筒五筒五筒五筒七筒七筒七筒八筒八筒九筒九筒
ツモ:7p

宥 「4000・8000」

憧 「うわっ。安めで助かったー。89pだったら勝負が終わってたよ」

小走(いくらツモスーとはいえ、ハネ確をリーチとは。ひどいニワカだな)
  (倍満だろうが役満だろうが、ニワカの点数は怖くない)

小走:16200 灼:27700 宥:38000 憧:16100


南1局

11巡目

憧 「あ」
憧 「ツモ。500・1000」

三索四索五索六筒六筒八筒八筒 二萬横三萬四萬 五萬赤横六萬七萬

小走(6pはニワカボウラーが1枚切っているぞ。よくその手で行ったな…)

小走(ラス親が流れてしまった。とはいえ、ニワカ相手。どうとでもなる)

小走:15200 灼:27200 宥:37500 憧:18100


南2局 ドラ發

憧 「リーチ!」
憧 「ツモ! 2000・4000!」

四筒五筒六筒七筒九筒二索三索四索四索五索六索發發
ツモ:8p

憧 「よし! トップがみえてきた!」
小走「……」

小走:13200 灼:23200 宥:35500 憧:26100


南3局 ドラ7m

小走(油断したつもりもないが、そろそろ捲らないとまずいな)
小走(よし)

11巡目
一索二索三索四索五索六索八索九索中中北七萬八萬
ツモ:8m
打:7m

灼 「リーチ!」
打:2m

小走「ぐっ」
  (北はション牌…)
打:中

17巡目

打:北

小走「……」

宥 「ノーテン」
憧 「ノーテン」

小走「テンパイ」
一索二索三索四索五索六索北 八萬八萬横八萬 七索横八索九索

小走(1000点より二人テンパイの方が高いからな…)

灼 「テンパイ」
三筒三筒七筒七筒三萬四萬五萬六萬七萬八萬六索七索八索

小走:14700 灼:24700 宥:34000 憧:24600


南4局 ドラ5s

小走(条件は倍ツモ・ハネ直…)

小走「」ニヤッ
小走「おみせしよう! 王者の打ち筋を!」

憧 「チー!」
二索横三索四索

憧 「チー!」
二萬横三萬四萬

小走(構わん!)
打:2p


打:2p

灼 「リーチ!」
打:2p

小走(遅い!)
五筒六筒七筒四萬五萬六萬七萬八萬五索五索六索七索八索
ツモ:8p

小走(できた! ハネ直・倍ツモ条件!)
小走「リーチ!」
打:5p

灼 「ロン」
四筒六筒二萬三萬四萬五萬六萬七萬八萬八萬二索三索四索
※裏条件

宥 「ロン」
三筒三筒三筒六筒七筒八筒八筒三索三索三索六索七索八索

憧 「ロン」
二筒三筒四筒六筒七筒五索五索 二萬横三萬四萬 二索横三索四索

小走「」

小走:-3800 灼:29900 宥:35300 憧:36600

憧 「やたー! 私がトップだ!」


小走「馬鹿な…」
小走「ニワカがァァァァ!!」

小走「…と、言うとでも思ったか?」

憧 「!」
宥 「!」
灼 「!」

小走「ニワカどもが…」
小走「お前たちは組み打ちをしていた!」

憧 「ど、どこにそんな証拠が…」

小走「東1局!」
小走「そこのニワカボウラーの打牌を思い出してみろ」

小走「私のリーチに現物の白を抜き打ち。しかし、その後、トイツ落としをしつつ二回ポンしてトイトイをツモアガった」
小走「となると、どうなる?」

小走「私のリーチを受けた段階で、そこのボウラーの手はこう」
二萬二萬一索一索三索三索三索四索四索七筒七筒九筒九筒白

小走「ちなみに、3sも現物だ。なぜチートイドラドラを親の現物待ちで張らず、シャンテン戻しをした?」
小走「答えは簡単。味方の二人に打たれたくなかったからだ」
小走「かといって、リーチをかけたらかえって出てしまう。そこで、ノーチャンスをみせて安牌を開拓しつつ、張り替えしたんだ」

灼 「……」

小走「さらに東2局。そこのニワカツインテールは愚形を二つ残しつつ、34567の3メンチャンを鳴いた。それも安目の5をな」
小走「なぜか? 答えは簡単。打点を上げたくなかったからだ。お前の目的は局を静かに流すことにあった」
小走「東3局もな」

小走「そして!」
小走「決定的なのが東4局!」

小走「そこのニワカマフラーは見逃しをした!」

宥 「わ、私…? でも、なんでそんなことが言えるの…?」
小走「お前は何かを引いて1pを切った。つまり1pを切る前の牌姿は容易に想像できる」
宥 「む、無理だよ… 何を引いたかなんて分かりっこない…」
小走「普通はな。だがあのときは違う。お前は… 牌の上下を正した」
宥 「!?」

小走「お前の手牌にあったのは、35789p。この中で、牌が点対称でないのは7pのみ。お前が引いたのは7pだ。つまり、お前の元の手牌は…」
一筒三筒三筒三筒五筒五筒五筒七筒七筒八筒八筒九筒九筒

小走「2pは見逃しだな」
小走「なぜだ。東場でハネマンを見逃す必要はない」
小走「お前はイカサマをしたんだ」

宥 「……」

小走「南1局ではニワカツインテールがニワカボウラーの6pを叩かなかった。ニワカマフラーのツモ巡をとばし、さらに親の私のツモ番を増やしたくなかったんだな」

小走「南3局ではニワカボウラーが私の強打をみて、いくらでも逆転に繋がる手替わりがあったにもかかわらず、足止めのためリーチをかけた」

小走「南4局は言うに及ばず。そこのニワカボウラーはリーチをかけねばアガれない安目にとってまで同テンに合わせた。3pが純カラだと知っていたのだ」
小走「これがイカサマでなくて何だというのだ」
小走「…しかし私は王だ。王の寛容さで今回は許そう」

宥 「あの…」
小走「?」
宥 「見逃しをしたのは確かだけど… それは四暗刻への手替わりを待ったからだよ。だって、7pも9pも暖かい牌だもん。きっとツモれるもん」
宥 「オーラス、狭い待ちにとったのは、142p待ちだと寒いけど、58p待ちなら暖かいから」

灼 「東1局でトイトイに待ち替えしたのは、確実にアガれるシンシナティ79p待ちにするため」
灼 「南3局もクリスマスツリーのいい待ち…」
灼 「オーラスも、ダイムストアの待ちにとっただけ」

憧 「私も普通はあの5mは鳴かないわよ。でも上家が宥姉だもん。マンズの258mなんか、あれを逃したら二度と出てこないわよ」
憧 「ちなみに灼の6pを叩かなかったのは安牌確保のためよ。灼がピンズを切ったらまずテンパってるとみていいからね。たまたま危険牌を切らずにアガれたけど」
憧 「あ、オーラスは手なりよ」

小走「ぐふゥゥゥゥ!!」

小走「ほ、本当のニワカは私だったというのか…」
小走「失礼なことを言った。謝罪する」

小走「私はしばらく旅にでる。修行のしなおしだ」
小走「ニワカ先鋒にはよろしく言っておいてくれ。いつか、お前と対等に向きあえるときになったらまた来るとな」バタン


宥 「……」
憧 「……」
灼 「……」

憧 「あー! 危なかった!」
宥 「まさかバレるとはね」
灼 「いま、玄に敗北させて自信を失わせるわけにはいかな…」

宥 「でも憧ちゃんがアタリ牌なんて切らなければあそこまで疑われることなんてなかったのに。おかげで必要のない手でリーチまでするはめになっちゃったよ」
憧 「えー。灼の支援に撤しない宥姉が悪いんでしょ」
灼 「ま、何にせよ追い返せて嬉し…」

宥・憧・灼「ハッハッハッ」

その後、小走先輩が長野に現れたという話をきくが、定かではない…

カン


エルフェンリート Blu-ray BOX
バップ (2012-12-19)
売り上げランキング: 205

関連記事
スポンサーサイト
160:

にわか先輩個人戦活躍してほしい

2012.12.24 23:42   #- URL[EDIT]
161:

東1に3sが増殖してますよー

ついでに要らぬ突っ込みとわかってますが、1pとか5pとか9pも微妙に上下差があるんです!
まるい模様の中の星の部分とか!

でもこういうトリック的なのは面白いですね
自分で考える気には全くならないのでほげーと見てます

2012.12.25 16:27 ai #- URL[EDIT]
162:Re: タイトルなし

> 東1に3sが増殖してますよー
>
> ついでに要らぬ突っ込みとわかってますが、1pとか5pとか9pも微妙に上下差があるんです!
> まるい模様の中の星の部分とか!

てへぺろ☆

2012.12.25 19:32 ラム肉 #- URL[EDIT]
165:

すげー
普通に感心した

2012.12.26 01:26 #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。