スポンサー広告 > [麻雀戦術書]『麻雀 勝ち組の選択Ⅱ』
麻雀戦術書 > [麻雀戦術書]『麻雀 勝ち組の選択Ⅱ』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[麻雀戦術書]『麻雀 勝ち組の選択Ⅱ』

福地誠さんの新刊『麻雀 勝ち組の選択Ⅱ』のまとめです。
何切る形式でテーマ別に36問掲載されていて、解説が見開き2ページくらいついています。巻末には天鳳名人戦の自戦記もついてます。
前著『麻雀 勝ち組の選択』が出てから半年も経っていません。案の定、手抜き問題も多かったですが、比較的安全牌の順位といった有用性の高いデータや公式、役牌ポンすべきでない場面といった既存の戦術の発展も書かれていて、それなりの満足感はありました。とくに各項目とも数字での裏付けがあるのはありがたいです。
というか菅野航のオマケ漫画が面白すぎて、それだけで十分でしたww


1.役牌vs数牌
→クズ手なら数牌。どうせ遠いのだから、メンゼンで守備力を高めるとともにメンタンピン狙いで打点を見込む。
2.孤立よだれ牌
→押しに決まるイーシャンテンまでは持つ。どの道、リャンシャンテンから先行されたら現物抜き打ちのベタオリ。
3.役牌ポンvsリャンメン
一萬二萬二萬三萬四萬六萬二索二索三索五索六索七索中中。好形より即テンパイ。昔は打2sとしていたらしい。
4.テンパイvsまーまーシャンテン
三萬四萬四萬四萬四筒五筒六筒八筒八筒六索七索八索八索 ドラ4m。2mはチーテン。しかし三萬四萬四萬四萬四筒五筒六筒八筒八筒四索五索六索七索ならスルー。好形テンパイ>好形シャンテン>悪形テンパイ>悪形シャンテン。
5.浮かせ打ち
四萬五萬五萬六萬一筒一筒一筒五筒四索四索五索五索六索六索 ドラ5p。仮テンはとるにしろ、最終形との比較で、受け入れより打点を考えて打5m。
6.端の三色
→狙うな。手役より受け入れ。
7.役牌トイツのクズ手
二萬四萬七萬一筒二筒五筒五筒赤七筒九筒五索九索東東 東は見送り。どうせ遠いのだから守備重視、かつ打点を見込む。
8.牌効率1
一萬三萬三萬四萬五萬赤六萬八萬一索一索五索五索西西。打1s。
9.牌効率2
一萬二萬二萬七萬八萬九萬三筒四筒五筒九筒九筒四索四索六索。打4s。
10.イーペーコー
→ドラ表のイーペーカンチャンは論外。そうでなくともイーペーカンチャンは不利。イーペーはリャンメン以外追わない。
11.チートイツ
→真ん中の牌でないかぎり即リー。いい手替わりは10枚以上ないと3巡はかかる。
12.チートイツの3枚目
→持つ。チートイよりメンツ手。他の役があるならなおさら。
13.チートイvsメンツ手
一萬一萬四萬五萬赤六萬三筒三筒四筒一索三索三索五索五索。打1s。・原則メンツ手。鳴けるならなおさら。・4トイツ1メンツならメンツ手。・4トイツ無メンツならチートイ。・5トイツになったらチートイの目は消さない。
14.ホンイツvsのみ手
→即リー。
15.バラバラ配牌
一萬四萬七萬八萬一筒二筒二索五索東西北白發中。打2s。自然に。
16.レア役の可能性
八萬八萬九萬九萬九萬九筒九筒一索二索三索七索八索九索。即リー。手替わり少ないしこのままで打点はある。
17.高目と安目が大差の手
二萬三萬一筒二筒三筒九筒九筒一索二索三索七索八索九索。即リー。安目でも打点が上昇し、どちらでもアガれるようになり、高目も打点が上昇する。
18.役なしドラ手
三萬五萬赤五筒赤六筒七筒三索四索五索五索赤六索七索九索九索。即リー。
19.もろひっかけ
→しろ。
20.片方が全滅したリャンメン
→即リー。
21.鳴きテンのタイミング
→6巡目2000点と、8巡目8000点の期待値は7巡目の1000点で逆転する。よってとるなら8巡以降でとる。
22.字牌の頭1
三萬五萬七萬八萬九萬九萬三筒四筒五筒六索七索中中。中はスルー。マンガン以上ないかぎりシャンテン数の変わらない鳴きはしない。
23.字牌の頭2
→上の判断の審議中。
24.鳴き
二萬五萬六萬七萬九萬一筒二筒二筒六索八索中中中 ドラ9m。3pはスルー。シャンテン数は実質的には半分しか上がっていない。アタマのなくなる鳴きはしない。
25.1巡目チー
→しろ。
26.リャンメンから鳴くか?
五萬五萬六萬五筒五筒赤七筒七筒八筒九筒三索四索六索六索 ドラ5p。2sからでも鳴く。
27.先付けキック
→しろ。
28.いい先付け・悪い先付け
一萬三萬五萬六筒八筒七索七索九索九索發發。9sは鳴くな。安牌がなくなるうえに、早くなっていない。
29.ワンチャンス
→安全牌の順位は、1枚切れ字牌>ション牌字牌>自力ワンチャンス>他力ワンチャンス>無スジ。危険度の順位は、456無スジ>37・28・19無スジ≒他力ワンチャンス>自力ワンチャンス>ション牌字牌>1枚切れ字牌。
30.リスク下の待ち選び
二萬二萬二萬三萬三萬四萬六萬七萬八萬六筒六筒五索六索七索。『ノーマーク爆牌党』8巻より。スジの3mより2m。テンパイなら自分がアガりやすい方を選ぶ。
31.リスク下のメンツ選択
→自分のアガりやすさより安全度。イーシャンテンでは勝負しない。
32.見逃し
→天鳳ではしない。フリーではしろ。
33.安全牌を持つか?
→持て。守備力がまるで違う。
34.合わせ打ち
→合わせ打ちよりション牌を打て。安全度がまるで違う。重なりやすさでも1枚切れ優位。
35.親のハイテイチャンス
→自分のチャンスを捨ててでも潰せ。親がハイテイツモったら親マンはある。小倉孝著『最強デジタル麻雀』への異議。
36.高見の見物戦法
→親リーのときの下家支援。あからさまに安い手でないかぎりするな。マンガンツモられたら損。


ちなみに、『麻雀 勝ち組の選択』の内容まとめはこちら


麻雀勝ち組の選択II
麻雀勝ち組の選択II
posted with amazlet at 12.12.16
福地 誠
竹書房
売り上げランキング: 2116

関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。