スポンサー広告 > 第6回 天鳳名人戦牌譜検討2
実戦牌譜 > 第6回 天鳳名人戦牌譜検討2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6回 天鳳名人戦牌譜検討2

第2節

B卓

第1戦

東1局 親 マークツーさん ドラ四筒 3巡目
三萬三萬六萬六萬七萬七萬八萬二筒三筒四筒四筒五筒赤五筒
ツモ六筒

巡目が巡目なので、高目や赤ツモで親倍になるリーチも考えてしまいますが、ダマに構えます。この手はアガリ逃しが痛すぎます。無事に五萬ツモって、6000オールを決めます。

東1局1本場 西 小林プロ ドラ五萬 5巡目
好調のマークツーさんがすでに二萬五萬のリーチをいれています。そこに、
四萬六萬九筒九筒九筒五索七索七索東東東發發 ツモ五萬
ここで小林プロは五索で追っかけ。なんと一発でラス發ツモって倍満を決めます。

東2局 親 多井プロ ドラ中 7巡目
六萬八萬二筒三筒四筒八筒八筒八筒五索赤六索七索八索九索
ツモ四索

七萬は場1です。石橋プロは打八萬で仮テンにとるそうですが、多井プロは八筒リーチ。ピンフであっさり流されてしまいます。

南2局 親 多井プロ ドラ發 5巡目
持ち点4700点です。
五萬赤九萬七索八索白白發 八萬ポン 東ポン
ツモ發
この点棒状況ですが、打五萬赤とします。次巡、九萬をツモりますが、これもツモ切り。しかし、八萬を加カンしたら、カンドラが東にモロのりします。
いっきに場が緊迫しますが、小林プロがフリテン四索七索で、スジの三萬を押します。考えると、九萬トイツ落としなので、ペン三萬、シャボ三萬がなさそうなのです。そしてフリテン七索をアガります。

オーラス 西 多井プロ ドラ五萬 5巡目
3着のcoaさんと7300点差という難しい状況です。
一萬二萬三萬六萬一筒一筒六筒八筒六索七索南南南
ツモ七筒
ツモ直でも裏条件になります。カンチャンになおして直撃か、1300・2600まで上げるか、という須田良規さんの麻雀漫画のような繊細な状況です。
石橋プロはドラ五萬なだけに、五索赤もみて、打七索でテンパイとらず。
渋川さんは一発裏狙いでリーチだそうです。渋川さんはツモ裏条件はいいと思っているそうですね。
多井プロは打六索のテンパイとらずとしました。

第2戦

東3局 親 多井プロ ドラ七萬 2巡目
五萬赤八萬一筒一筒五筒赤五筒五筒六筒五索赤五索六索六索六索
ツモ九筒
というすさまじい配牌です。しかし、多井プロはここでトイツに寄せて打六筒としました。赤3なので普通は食いタンをみて六筒を残します。
四萬五萬赤一筒一筒五筒赤五筒五筒八筒五索赤五索六索六索六索
の形になって、2枚目の五索をポンします。一筒八筒かの選択になります。石橋プロは一筒トイツ落としだそうですが、多井プロは、なんとトイツ固定で四萬を切ります! これにはさすがの石橋プロも絶句していました。「トイトイ三色三暗赤3の倍満…?」
アガリましたが、結局
五筒赤五筒五筒八筒六索六索六索 一筒ポン 五索赤ポン
の単騎のマンガンになりました。

東3局2本場 親 多井プロ ドラ五索 10巡目
三筒三筒九筒九筒 中ポン 九索ポン 一筒ポン
ここで残り5400点のマークツーさんがリーチをして、五索をつかんでしまいます。六筒のスジで、打三筒としました。これは五索プッシュもありだそうです。張り返してツモります。

東3局3本場 親 多井プロ ドラ七筒 8巡目
五萬赤六萬二筒三筒三筒四筒五筒五筒六筒六筒八筒八筒八筒
68000点のダントツです。もうcoaさんの仕掛けがはいっているのですが、四萬をスルーします。しかも、9巡目の五筒までスルーします。

第3戦

東2局1本場 親 マークツーさん ドラ六萬 7巡目
一萬一萬三萬三萬四萬三筒四筒五筒二索三索四索東東
ツモ二萬
渋川さん、石橋プロともにシャボを選択します。二萬も2枚みえです。
しかし、マークツーさんは一萬リーチを選択します。結果、流局します。

東3局 南 小林プロ ドラ三萬 4巡目
一筒一筒一筒二筒三索西北北 南ポン 發ポン
石橋プロは打三索を選択しますが、小林プロは打西とします。
ツモ一索で打二筒北ポンで打三索という無理のない手順でハネツモします。

南1局 北 マークツーさん ドラ西
ピンフ高目イーペーを、いっときダマにかまえますが、親の九索チーをみてリーチします。ドラが西なので、リーチはこわいが、仕掛けはこわくないということです。

オーラス 南 coaさん ドラ六筒 4巡目
五萬赤五萬六萬七萬八萬三筒五筒七筒二索三索四索七索八索
ツモ九索
ハネツモ条件なのですが、状況が難しく、43700・36900・21900・17500の3着で、ラスと僅差です。
石橋プロは三筒ダマ。リーチなら七筒だそうです。
coaさんは三筒リーチとしました。結局、横移動で終わります。
ちなみに、石橋プロは357からの5切りはときどきするそうです。

第4戦

東3局 南 coaさん ドラ八萬 3巡目
八萬九萬九萬四筒五筒赤六筒七筒七筒七筒四索六索九索九索
ツモ七萬
45200点のダントツです。渋川さんはリーチだそうですが、coaさんはダマにします。
リーチ後、安牌がなくなって六索六索九索九索のシャンポンでリーチします。結果、ツモります。

東4局 南 マークツーさん ドラ六索 8巡目
リーチ後
一萬一萬八萬八萬九萬九萬二筒六筒六筒二索二索六索白
ツモ六索
白が出た直後です。渋川さん、石橋プロとも打二筒を選択します。石橋プロはダマだそうです。
マークツーさんはリーチをして、一発ロンを決めます。

以上です。
アクセスカウンターをみて思ったのですが、天鳳記事は需要がなさそうです。

関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。