スポンサー広告 > 咲-saki- 第100局 [反省]
咲-saki-感想 > 咲-saki- 第100局 [反省]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲-saki- 第100局 [反省]

サブタイトルがタイムリーすぎますw 今回は本筋はあまり進まず、赤阪代行の方針と、永水の後日譚がえがかれましたね。

圧倒的な力量差に、絶望と無力感にくれる末原先輩。赤阪代行は言う。「強くなりたい?」そして示された唯一の道とは…
saki01

アイドル化でした! というのは赤阪代行の茶目っ気で(ですよね…?)、ほんとうはプロを招いての特打ちでした。末原先輩の強化については、能力をつけるだとか、メタ能力(能力に対する能力)をつけるだとか、いろいろ言われてきましたが、単に地力の強化でした。
特打ちの効果については、阿知賀編で実証されています。そのときには、1日打ったくらいで実力が変わるのか、疑問に思いましたが、今回はその実態がわかりました。赤阪代行が言うには、今回は準決の対戦にあわせて調整されているそうです。つまり、特打ちの目的には、実力の強化にくわえて、傾向と対策ということがあったのですね。

招いたのは戒能良子プロ。グッドモーニングとか、いえすとか、適当な話し方をします。トッププロだそうです。
はるるの従妹だそうで、それをきいた愛宕姉は船Qのことを思い出します。愛宕姉妹と船Qも従妹のようですね。船Qは愛宕監督のことをおばちゃんと呼びそうになっていましたから、愛宕監督にとって愛宕姉妹が娘、船Qが姪と考えるとすっきりしますね。
その戒能プロいわく「会場で直に感じてわかりましたけど、ありゃ、すっげーモンスターですね」。主人公がモンスター呼ばわりされてるんですけど、いいんでしょうか…

ところ変わって永水の控室。なぜか反り橋があります。イメージ映像ということはないでしょうし、どうやって持ちこんだのでしょうか…
お祓いだそうですが、霞さんとはるるが全裸で抱きあっていました。何とも言えません。
じつは小蒔の九面にはローテーションがあって、準決、決勝で強い神がくるようにしていて、準々決勝で弱い神がおりたのは必然だったそうです。それはムダになってしまったのですが、子蒔とはっちゃんは個人戦に出場するので、そこで真価が発揮できるようです。となると、アニメ1期のエンディングで子蒔が九蓮アガってたのは、個人戦でのことになるのですね。
注目すべきなのが、永水が麻雀をしていたのは「力」の修行のためだということです。永水にとって、麻雀はあくまで手段であって、目的ではなかったのですね。さらに、その後の会話「狭いところに力を集中させる」「麻雀に馴染んだ力をもつ子」から、「能力」=「雀力」でないことがわかりましたね。咲-saki-の魔物が卓上で行使する「支配」は、麻雀というゲームの一環ではなく、それぞれが備えているものを麻雀において活用してるもののようです。何となく『バード』で、バードが麻雀にどういう戦略を用いるかを語ったことが思い出されますね。
ということは、藤田プロの「特殊な子を集めようとしている」発言は、実際に、何らかの組織の陰謀を示唆している(『Fatalizer』的に)可能性が…?
ともあれ、全国大会が最終目的でなかった永水の面々は、さほど悲嘆にくれることもありませんでした。よかったですね。霞さんがうまく誘導したりして、個人戦までの4日間を海ですごすことになりました。このとき、はっちゃんが「六女仙で私だけハブ」と言っていることから、六女仙は中等部の明星らをふくめてそろっていることが判明しましたね。九州赤山高校の藤原利仙が六女仙の一人なのではないか、という推測もありましたが、これで公式に否定されましたね。
眠りかけた子蒔は、一瞬、うたかたに永水の面々で海にいく情景をみました。これが美しく、感動的でしたね。
というか… はっちゃんのトーン貼ってないじゃん! はっちゃんのトーンを貼っていて、前号を落としたんじゃなかったのかよ!

次号101局は9月7日。柱によると、準決の出場校がえがかれるようです。準決の相手は、京都の八枡か南北海道の有珠山か。京都なら陰陽道、北海道ならアイヌをモチーフにした魔物がいるのでしょうか。次号は対戦校もわかって盛り上がることになるでしょう。宮守の描写がまだありませんし、案外、豊音が準決の出場校のところにいったりするのかもしれませんね。
次回も楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト
3:

明星ちゃんと戒能プロが六女仙の残り二人ですかね?あるいは、戒能が先代で、今は春に引き継がれているとかで、後もう1人出てない人がいるとか?

2012.08.19 01:00 jj9 #- URL[EDIT]
4:Re: タイトルなし

> 明星ちゃんと戒能プロが六女仙の残り二人ですかね?あるいは、戒能が先代で、今は春に引き継がれているとかで、後もう1人出てない人がいるとか?

「中等部の明星ちゃんたち」で六女仙といっているので、もうひとりは中等部の誰かでしょうね。
ですが、戒能プロが先代の六女仙というのはありえそうな話です。ただ、明星をふくめて、姫様+六女仙には苗字を桜からとる法則があてはまっているので、立先生がそこまで考えてるかはわかりませんね。

2012.08.19 13:14 ラム肉 #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。