スポンサー広告 > 咲さん誕生日記念 嶺上開花談義
咲-saki-その他 > 咲さん誕生日記念 嶺上開花談義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲さん誕生日記念 嶺上開花談義

10月27日は咲の誕生日! というわけで今後、咲がアガりそうなカン材を使った牌姿をまとめてみました。
・多メンチャンをくずして嶺上開花

咲は34局[魔物]で
一萬二萬三萬二筒三筒三筒三筒四筒五筒赤六筒八索八索八索
の1472ピン待ちから3ピン暗槓して2ピン単騎に待ち替え、嶺上開花していますが、そういう手牌です。また、咲の弱点がここにあって、複合形の場合にはルール上、リーチがかけられませんし(待ちの変わるカンはできないから)、そもそもリーチをかけてしまうと大ミンカン責任払いの直撃ができません。
麻雀のメイン役であるリーチをかけにくいことが嶺上開花の欠点のひとつですね。他に使えない役というと、ハイテイ、ホウテイがあります。ハイテイは暗槓できませんし、ホウテイも大ミンカンできません。麻雀漫画だと、よくアガリ牌が都合よくハイテイにいたりしますが、咲には関係ありませんね。

一筒二筒二筒二筒
一筒三筒三筒三筒
一筒三筒四筒五筒六筒六筒六筒
二筒三筒三筒三筒
一筒一筒二筒二筒二筒三筒三筒三筒白白
一筒一筒一筒二筒三筒三筒四筒
一筒一筒一筒三筒五筒五筒五筒
一筒一筒二筒三筒三筒四筒五筒六筒六筒六筒
一筒一筒一筒二筒三筒四筒六筒七筒八筒九筒
一筒二筒二筒二筒三筒四筒五筒
一筒一筒二筒二筒三筒四筒五筒六筒六筒六筒
一筒二筒三筒四筒五筒五筒五筒
一筒一筒一筒二筒三筒四筒五筒
二筒三筒三筒三筒四筒五筒六筒
二筒二筒二筒三筒三筒四筒五筒
一筒一筒一筒二筒二筒三筒三筒三筒四筒四筒
(1ピンの場合)
一筒一筒一筒二筒三筒四筒五筒五筒六筒六筒
一筒一筒二筒二筒二筒三筒三筒三筒七筒八筒九筒九筒九筒
二筒二筒二筒三筒四筒五筒六筒
二筒二筒二筒三筒四筒四筒四筒
一筒一筒一筒二筒三筒四筒五筒五筒六筒七筒
一筒二筒二筒二筒二筒三筒四筒五筒六筒七筒九筒九筒九筒
(※連カンはできません)
一筒一筒一筒二筒三筒四筒五筒六筒七筒八筒
二筒二筒二筒三筒四筒五筒六筒七筒八筒九筒
二筒三筒三筒三筒四筒四筒四筒五筒五筒五筒六筒六筒六筒
(6ピンの場合)
一筒二筒二筒二筒二筒三筒四筒五筒六筒七筒八筒八筒八筒
(※連カンはできません)
二筒三筒三筒三筒三筒四筒五筒六筒七筒七筒七筒八筒
(※連カンはできません)
二筒二筒二筒三筒四筒五筒六筒七筒七筒七筒

・安目カンして高目嶺上開花

(1)シュンツ系
一萬一萬一萬二萬三萬二筒三筒四筒二索三索四索白白
三色・一通の場合です。

(2)トイツ系
一筒一筒二筒二筒二筒三筒三筒
一筒一筒二筒二筒二筒三筒三筒三筒
一筒二筒二筒二筒三筒三筒三筒
一筒一筒一筒二筒二筒二筒三筒
一筒一筒一筒二筒二筒三筒三筒
一筒一筒一筒二筒三筒三筒三筒
一筒一筒一筒二筒二筒三筒三筒三筒四筒四筒
(3ピンの場合)
一筒二筒二筒二筒三筒三筒三筒四筒四筒四筒
一筒一筒一筒二筒三筒三筒四筒五筒五筒五筒
一筒一筒二筒二筒三筒三筒三筒四筒四筒四筒五筒五筒五筒
二筒三筒三筒三筒四筒四筒四筒五筒五筒五筒
二筒三筒三筒三筒四筒四筒四筒五筒五筒五筒六筒六筒六筒
(345ピンの場合)
一筒一筒一筒二筒二筒二筒三筒三筒三筒四筒四筒五筒五筒
一筒一筒一筒二筒三筒四筒五筒六筒六筒六筒
なお、嶺上開花のみ複合するものは載せませんでした。
嶺上開花はカンツがともなうので、高打点となるとかならずトイツ役になりますね。トイツ役は三色・一通のリャンハン役と違ってフーロしてもハン数が下がらないので、メンゼンのくずれる嶺上開花責任払いも自由に使うことができます。

・アガリ牌をカンして嶺上牌で高目待ち替え
一筒一筒一筒二筒三筒白白
一筒一筒一筒二筒三筒四筒五筒白白
二筒三筒四筒四筒四筒五筒五筒五筒六筒六筒六筒七筒八筒

・カン材をカンしない
一筒二筒二筒二筒二筒三筒四筒
二筒三筒三筒三筒三筒四筒五筒
一筒二筒二筒二筒二筒三筒四筒五筒六筒七筒
二筒二筒二筒二筒三筒三筒四筒四筒五筒五筒六筒七筒
二筒三筒三筒三筒三筒四筒五筒六筒七筒八筒
一筒二筒二筒二筒二筒三筒四筒五筒六筒七筒九筒九筒九筒
一筒二筒二筒二筒二筒三筒四筒五筒六筒七筒八筒八筒八筒
一筒二筒二筒二筒二筒三筒四筒五筒六筒六筒六筒六筒七筒
二筒三筒三筒三筒三筒四筒五筒六筒七筒七筒七筒八筒
余談ですが、今号の雀荘うえだ繁盛記には、配役的にカンすべきだけど、けっきょく多メンチャンにうけてトップをとったという話がありました。

・高目見逃し安目嶺上
一筒一筒二筒二筒三筒三筒三筒四筒五筒六筒七筒八筒九筒
一筒一筒一筒二筒二筒二筒三筒四筒五筒六筒七筒八筒九筒
・チューレン(AA略)
登場する機会があるかも分かりませんが、一応、載せておきました。

・連カン
咲必殺の、
一筒一筒一筒二筒二筒二筒二筒三筒三筒三筒三筒四筒五筒
からの3連続アガリ牌カンしての32000。
それからその前の
二索三索三索三索三索四索八筒八筒八筒 六筒六筒六筒横
からの3連続カン、見逃しで連カンしての8000オール。連カンは手牌にあらかじめカン材をもっておいて、嶺上牌でもう1メンツつくる間に使うのがコツですね(咲以外には関係のないポイント)。

・嶺上開花のメリット
・自動的にメンツが(カン材として)そろう
・有効牌を引き入れられる
・イーハンつく。これは単純に打点が向上するということにかぎらず、役なしでもアガれるということでもあります。実際、末原先輩から役なしドラ3を大ミンカンで直撃しています。リーチとちがって鳴いてもいいのが魅力ですね。

・能力としてみたときの嶺上開花の特殊性
咲-saki-の能力を麻雀の構造から分析すると、(1)自分のツモ牌を操作するもの、(2)他家のツモ牌を操作するもの、(3)どちらも操作するもの、(4)王牌を操作するもの、(5)その他、となります。(5)はモモのステルス(対戦相手の知覚を操作する)や、塞の防塞(他の能力者の能力を発動できなくする)です。咲-saki-の能力は、ほぼすべてが(1)~(3)のいずれかに分類されます。圧倒的な実力をもつ照や衣でさえそうです。(4)の王牌を操作できる能力をもつ者は、咲ただ1人しかいないのです。衣や霞の支配を脱したのも納得です。

ほか余談
・カンできなかった
カンは自ツモが3回は必要なので、手牌にカン材をもっていてもチー、ポンだとカンすることができません。手が進んだときにかぎりカンするつもりで4枚目を手牌に遊ばせていても、チーテン、ポンテンや、イーシャンテンでも完全イーシャンテンにできるときは、泣く泣く場に捨てることになります。まあ、連カン狙いでないかぎり即カンする咲には関係ありませんが。

・くやしい、でもカンしちゃう…
リーチ後、とおっていないスジの4枚目を掴んでしまったとき。とくに6枚目だったりすると、ほぼ確実にアタリ牌なのでカンせざるを得ません。流局したときはドヤ顔で手牌を倒せるのがいいですね。

・符ハネ
とくにファン牌がアンコになっているときなど、「1300・2600でないとまくれないから鳴けねー」なんて心配はしなくてすみます。

ちなみに、普通人がカンするタイミングとしては、イーシャンテンがよいと一般的には言われています。これは故・飯田正人プロの『麻雀攻めの法則』にも書かれています。

今回、牌譜を書くにあたっては『麻雀の教科書 攻撃の鉄則』を使いました。麻雀の待ち形すべてが記載されているので便利ですよ。すくなくとも『逆引き広辞苑』よりはよく使っています。
たとえば灼の能力はピンズがボーリングのショットの形になっていたときにアガれるというもののようですが、この本を使えば、普通はメンチンの倍確にとるところを、能力を利用して高目ピンズのチューレンにとる、というような牌譜もすぐ書けます。オススメです。



あと、まとめの形式を変えてみたんですが、どうでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。