スポンサー広告 > 咲-saki- 阿知賀編 16話 [軌跡] 竜華の真の実力が開放される。その名も「無極点竜華」
咲-saki-総合 > 咲-saki- 阿知賀編 16話 [軌跡] 竜華の真の実力が開放される。その名も「無極点竜華」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲-saki- 阿知賀編 16話 [軌跡] 竜華の真の実力が開放される。その名も「無極点竜華」

昨年夏からはじまった「咲-saki-阿知賀編」もついに最終回です。
今回は大将戦後半戦が描かれました。


白糸台の控室に「ある変化」がありました。

a16_11
a16_12

…あれ、亦野さんが座ってる!?

参考:15話
s15be

亦野さんは、どうやら白糸台のメンバーに許されたようです。
ですが、同時にもう一つの変化が…

テーブルのうえにお菓子が増えている

…あっ(察し)



気をとりなおして、最終回の感想にはいりましょう。

a16_28
a16_57
a16_65

さすがに最終回だけあって、淡がカッコよかったです。高校100年生とか言わなさそうです。ラスボスの風格でした。


・東1局

a16_02
竜華の配牌が判明しました。

a16_03
※視点・淡

この次巡、姫子が
二萬二萬四萬六萬七萬五筒赤六筒七筒三索四索五索六索七索 ツモ五萬
から放銃。本当に、吸い込まれるようにアタリ牌が出ます。1巡目に穏乃が6sを切っているので4s3sと落せば回避できましたが、期待値としてありえない選択ですし、3sもスジとはいえ安牌ではありませんからね。

a16_07


・東2局

a16_08
a16_10
a16_09

原作の姫子のマンガンのアガリ形と配牌の一部が明らかになりました。


・東3局

a16_14
姫子が行くことを決めた配牌が明かされました。5シャンテンですが、確かに場合によっては行けそうです。

a16_15
a16_16

a16_17


さらに姫子が放銃したときの局面も明らかになりました。6mのスジで、赤5があるので246とあったら2mの方を切りそうではありますが、局面をみると147m,258m,369m,147s,258s,369s,69pとピンズ以外のスジが全滅していて、ほぼ愚形しかありえません。さらに2m,7m,3s,7sと通っている。1mは3枚みえですが、穏乃も竜華も14mは切っていて、残り1枚の1mはヤマでなければ淡の手牌ということになる。…まさに「ヤバかか!?」ですね。とはいえ、高目倍満、安目ハネ満の4メンチャンなら行くしかありません。出アガリは難しそうですが、ヤマに残っているかもしれません。


・東2局1本場

a16_18
a16_19
a16_20
a16_22

竜華の放銃と淡のアガリ形が明かされました。ドラ4の高目チーテンでもハネ満というイーシャンテンでした。


・東2局3本場

a16_23
a16_24

枕神による倍直。
竜華のタンキ選択をした發は2枚切れでした。
それから無スジを大量に切っていることが分かりました。枕神の予知がなければまずできません。


・東4局

a16_25
淡の放銃時の捨て牌が明らかになりました。


・南1局

a16_29
穏乃の配牌が明らかになりました。あと目に能力エフェクトがかかっています。

a16_32
淡の放銃時の局面図の一部が明らかになりました。穏乃の能力エフェクトはすごい派手ですね。


・南1局1本場

竜華「大星淡の能力が弱まってるんか…ならうちにも

s163
s164

この局で、竜華が自身の真の能力を開放し、「無極点竜華」になります。

竜華「体温。鼓動。呼吸… 五感を研ぎ澄ます

a16_35

竜華「上家がテンパイ気配…

a16_36

雅枝「ゾーンにはいったな」

a16_37
a16_38
a16_39
a16_40

姫子「ダブ南トイツ落としでオタ風シャボ」

穏乃「こっちのアガリ牌をとめられてる


小野監督いわく「第16話のお気に入りは、竜華の本気、無極点竜華を描いたシーンです。竜華は極限まで集中力を高めて対戦相手の細かな変化を感じ取り、場況に応じた打ち方をします。ただし極度の集中を必要とするので短時間しか使えないんですけどね

能力エフェクトだとサーモグラフィーのようですが、要するに「人間ポリグラフ」ですね。カイジの利根川や、嘘喰いのレーシィが使っていた、不完全情報ゲームであるギャンブルにおいて究極の効果を発揮する能力です。このサーモグラフィー風の演出は、ジョジョのダービー弟ですね。…麻雀以外にいくらでも使い道があるんじゃないですかね。ポーカーなど、より単純で心理戦の要素の大きいゲームの方が能力(特技)を生かせると思うのですが… ギャンブルでなくとも、もっと有意義な使い方ができそうです。
たとえば、浮気を見破るのにも使えそうです。


どうでもいいですが、竜華のこの思考、すでにどこかで見たような気が…

s161

あ! 誰かが、すでに雑誌連載時に「竜華はチートイに気づいていて、アタリの可能性の高い1枚切れの字牌を嫌った」ということを予想している。誰だ…? 誰なんだ…?

咲-saki- 阿知賀編 最終話[軌跡] 万感の最終回。決勝進出の2校が決定。赤土晴絵の10年間の後悔と苦悩が一卓の上で解放される。

…って私だったー!(ドヤァ)

s162

…はい。次にいきましょう。


・南2局

a16_41
a16_42
a16_44

竜華が枕神にアガリはできないと言われた配牌と、穏乃が見逃しゴミツモをした局面が明らかになりました。
配牌だけをみると、普通に好手です。因果なものです。


・南3局

a16_46
a16_48
竜華と姫子、それぞれの配牌が明かされました。竜華が「できれば流したい」と考えたとおり、アガリの見込める配牌です。
姫子の第1打は4sや7mからでないんですね。ドラが4pで純チャン三色では14ハンにならないので、一色手にするしかないのですが。

a16_49

淡「だけどまたダブリ―できないなんて… チッ、どうなってんの」

個人的に16話でいちばんの衝撃です。いままで対局中に舌打ちをした選手は咲-saki-にはいません。ついでにいえば、全作中をとおしていません。見事なクズ系ラスボスっぷりです。


以降は、完全に雑誌連載分のままなので省略します。感想もそのときに語り尽くしました。
ただ、あえていうなら、晴絵が泣いたときに私も泣きました。素晴らしいシーンです。


あと、いくつか気づいた点。

竜華がオーラスでも「無極点竜華」になっている

a16_54

竜華も全力を尽くしていたということです。結果は残念でしたが、本望でしょう。


晴絵が甘い声をだしている

活字だと分かりませんでしたが、演じられると「連れてってくれ。ぶ、ちょ、う♡」と甘い声で言っていました。晴絵は釣った魚にも餌を与えるタイプのようです。灼はよかったですね。


対局室が厳重

a16_66
a16_68

実はこれ、能力者の能力反応を検出するための実験室なんですよね… そもそも第71回インターハイは、何者かの意思によって全国の能力者を集める目的で開催されましたが、ついにその真相が明らかになってきました。


電撃文庫 MAGAZINE (マガジン) 2013年 07月号 [雑誌]

アスキー・メディアワークス (2013-06-10)





関連記事
スポンサーサイト
451:

名前がかっこよすぎ

2013.06.11 18:48 名無し #h1xcS2tQ URL[EDIT]
452:

>実験室
ΩΩ Ω<な、なんだってー

2013.06.11 21:17 #- URL[EDIT]
453:

>実はこれ、能力者の能力反応を検出するための実験室なんですよね… そもそも第71回インターハイは、何者かの意思によって全国の能力者を集める目的で開催されましたが、ついにその真相が明らかになってきました。

なん・・・だと?能力者補完計画でもあったんか。

2013.06.11 22:08 京都人 #- URL[EDIT]
454:

>実はこれ、能力者の能力反応を検出するための実験室なんですよね… そもそも第71回インターハイは、何者かの意思によって全国の能力者を集める目的で開催されましたが、ついにその真相が明らかになってきました。

やはり…
イルミナティめ…

2013.06.11 22:19 #- URL[EDIT]
455:

的中おめでとうございます。

>そもそも第71回インターハイは、何者かの意思によって全国の能力者を集める目的で開催されましたが

そういえばそんな設定ありましたね、どう考えても世界ユース編の布石ってことで次の次のワールドカップくらいまでに期待するしかない

2013.06.12 01:20 久は俺の嫁 #- URL[EDIT]
456:

極限まで集中力を高めてる~とか言われても
次の瞬間には枕神に気抜けた表情で呼びかけてて台無し
体温感知とかトンデモより心情思考の読みで地力を描いて欲しかったなオリジナルで追加入れるなら
そもそも基準となる平常値知ってるかかまかけとかブラフとか
刺激する言葉で揺さぶらないとその値単独がどういう状態なのかわからんやろ
竜華ファンとしてはやっぱり枕神がいらな・・・

2013.06.14 03:02 #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。