スポンサー広告 > 近代麻雀 2013年6月15日号
近代麻雀 > 近代麻雀 2013年6月15日号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近代麻雀 2013年6月15日号

・鉄鳴きの麒麟児

「そいつはもう新種の魚なんかじゃねえ。果ては龍になる竜の子か… もしくは麒麟児だ」

タイトルが作中に登場する演出はカッコいいですね。
桐谷はシャボ待ちへの極端な警戒をやめ、勝ちはじめる。

一方、パンダタ(カンダタ息子)は降段戦でジリ貧に。
カンダタ「運営者がオマエをいじめて遊んでいやがるんだ!!」ってネト麻歴半日の発想じゃないだろww


・麻雀小僧
みーちゃんは自然に打ちつつ、まー坊に勝たせようとするが、うまくいかない。


・むこうぶち
江崎と後堂が台湾麻雀に。この2人の登場回はお得感があります。
江崎が中国語を指して「アナタのは上海語。私のは台湾語。連中には通じない」と言っていますが、単純な文なので、どちらも上海標準語にしかみえません。まあ、発音が違うのでしょう。
台湾麻雀は1雀頭5メンツの17枚麻雀。0ハンでもアガれ、手役も複雑なものはないようです。1メンツ増えただけ、手牌の完成する確率が下がるので当然でしょう。


・麒麟児の一打
堀内「パートナーは麻雀牌ですから…(震え声)」

……


【悲報】堀内プロ、淫夢厨と判明

渋川「雀竜位返してください、オナシャス!」
小倉「金、暴力、SEX!!」
福地「30分で、5万」
剛「GO is GOD」
森山「しゃぶれだァ。コノヤロウ、てめぇがしゃぶれよ」


疲れてるんですかね、私…

・渋川
牌の安全度の練習問題

・堀内
ハン数が足りないときに、どこから鳴くか。
1ハンアップのツモ条件までは鳴く。赤かドラ引き、もしくはリーチ棒でまくれる。
また、ノーテン罰符で変わるときはトップ目が出てこざるを得ないので、積極的に鳴く。

・小倉
安牌に窮したとき、1枚の現物の抜き打ちより、手格好を崩さない無筋トイツ落としの方がいい。
どうでしょう…







関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。