スポンサー広告 > 菫「銀の竜の背に乗って」シリーズ(菫異世界シリーズ)感想
咲-saki-総合 > 菫「銀の竜の背に乗って」シリーズ(菫異世界シリーズ)感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菫「銀の竜の背に乗って」シリーズ(菫異世界シリーズ)感想

 菫が現実世界と似たファンタジーの世界に転送され、そこで宥を救うために戦うシリーズです。
 時系列の上では『菫「ここが松実館か」ドキドキ』の続編になっていますが、マブラヴとマブラヴオルタのようなもので、読んでいなくても問題はありません。

 世界観の設定が骨太で、魔法を使うことの代価や、竜人と人間の関係が現実的かつ客観的に描かれています。その意味ではファンタジーというよりSFの文法に近いかもしれません。ちなみに、魔法の設定はマジック:ザ・ギャザリングの借用だそうです。
 無慈悲な世界で、少女たちは犠牲の選択を余儀なくさせられます。それは平和な社会で生きてきた菫も例外ではなく、むしろそのために失敗をくり返します。一時の感情や誤解で、判断を誤ることもある。それでも少女たちは信念のために犠牲を選択します。その果てに何があるのか… 終盤の展開の迫力は圧倒的で、読了してからは放心と虚脱感を禁じえませんでした。

菫「銀の竜の背に乗って」
菫「ファイト!」
菫「冷たい別れ」
菫「荒野より君に告ぐ」

・読んでいて気づいた点

菫「ファイト!」
・菫「実は先々々月あたりですかね、ユーの旅館に泊まったとき」:『菫「ここが松実館か」ドキドキ』
・菫(そういえば宥の着メロがなぜか中島みゆきだったな):同上

菫「冷たい別れ」
・淡尭レポート:同上
・傀儡廻し:攻殻機動隊SSS

菫「荒野より君に告ぐ」
・デストロイの季節は終わった。:秋山瑞人『E.G.コンバット』3巻の後書き。3巻の後書きが「次でFinal。すべてにケリをつけます。デストロイの季節です」というものだった。E.G.コンバットは1~3巻で様々な伏線が示され、多くのファンは最終巻に多大なる期待を寄せたが、最終巻『E.G.コンバット Final』が発売されることはなかった。(最近は原作者による動きがある)長編シリーズの完結を的確に表現した一語だと言える。(ちなみに『照「咲の地球儀」』も秋山瑞人ネタ)


・作者の他の作品の一覧

久「この前の貸し返してほしいんだけど」 美穂子「……」

宥「穏乃ちゃんの内臓あったか~い」 穏乃「」ピクピク

淡「タカミ、今日は二人だけ?」 尭深「かも」

穏乃「憧!増水してる川見にいこ!」 憧「濡れるからやだ」

もこ「……」ブツブツ 穏乃「(よく聞こえん)」

久「大阪へ行きたいかー!」 咲「お、おおーっ///」

照「麻雀あきた」

久「大阪来て良かったやろ?」 咲「せやなー」

菫「ここが松実館か」ドキドキ

菫「銀の竜の背に乗って」

菫「ファイト!」

菫「暇だから宥を監禁してみるか」

菫「冷たい別れ」

竜華「ちんぽ生えてもうた」

エイスリン「ちんぽ」

菫「荒野より君に告ぐ」

(現行スレは省略)


猫の地球儀 焔の章 (電撃文庫)
秋山 瑞人
メディアワークス
売り上げランキング: 11,308

ガールズ&パンツァー 6 (最終巻) (初回限定版)[Blu-ray]
バンダイビジュアル (2013-06-21)
売り上げランキング: 7

とある科学の超電磁砲S 御坂美琴 (1/8スケールPVC塗装済み完成品)
グリフォンエンタープライズ (2013-06-30)
売り上げランキング: 171

関連記事
スポンサーサイト
421:

ストーリーもさることながら、分かると楽しい小ネタを挟んでくるのもこの作品のよさだと思います
おそらく「ぼくらの」からの借用であろう「エーテル宇宙論」や、攻殻機動隊の「攻性防壁」など、どちらかと言えばSF読者向けの作品である気もします

あと、同作者の『咲「京ちゃん」』にもイリヤの空が登場するので、かなりの瑞っ子に違いないです

自分の知ってる中で、唯一の考察するに値する咲SSだったと思います

2013.05.11 19:10 #- URL[EDIT]
422:

このシリーズを私も読んでいましたが、こんな裏ネタが有ったとは知りませんでした。参考になります。

まだ私は菫「冷たい別れ」までしか読めていませんが、アレのラストは衝撃的でしたね…。
続きが気になりつつも、読むのが怖いこの気持ち。

2013.05.11 21:16 #- URL[EDIT]
423:

最近イリヤを読んだのである意味タイムリーだった俺得
久と玄のポーカー戦で仕掛けられた虫はイリヤに出てきた発信機かな?あっちはただの位置情報を示す物で、このSSでは思考読み取りまでできてそれが玄の死に繋がっちゃうわけだけど…
なぜ現実世界で長野出身の久だけがカントーにいたのかという理由が「冷たい別れ」で判明したときゾクゾクした。本当にいい伏線だと思う

「デストロイの季節は終わった」=「物語に決着がつく」は粋な表現。ラストの「荒野より」の歌詞を使った告白シーンもあって読後の清涼感が気持ちよかった

小ネタと伏線拾い出したらすごい量だろうなぁ

2013.05.12 00:57 #- URL[EDIT]
424:

これ増水した川の人の作品だったのか!!
どっちもすごく良かった

2013.05.12 22:21 #- URL[EDIT]
433:

素敵な感想をありがとうございます!
すごくうれしいです
やる気が出ます

2013.05.25 19:24 #- URL[EDIT]
435:Re: タイトルなし

> 素敵な感想をありがとうございます!
> すごくうれしいです
> やる気が出ます

長編シリーズお疲れさまでした。
大変楽しませていただきました。創作意欲の一助になれば幸いです。
今後とも期待しております。

2013.05.26 18:07 ラム肉 #- URL[EDIT]
460:

このシリーズとても好きです。咲シリーズはもともと好きですが、これは二次創作で、本編のキャラが流用されているので、否が応でも感情移入してしまいます。
すごいのは、キャラに疑問を抱くことがなかったことです。
設定が知識に裏打ちされていて合理的であるから、設定そのものに疑問を持たなかったことと、ストーリは暗く本編と文字通り明暗が分かれていますが、咲本編のキャラクターを基準に考えても矛盾を感じないよう心理描写がていねいにされているからだと思いました。
咲は好きな作品なので、少々つらいところもありますが^^;
こういう暗い世界観で活躍するのもかっこよくて読むのが楽しいです
現行スレも楽しみです!

2013.07.05 22:23 菫さんLOVE #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。