スポンサー広告 > 第9回 天鳳名人戦第3節牌譜検討2
実戦牌譜 > 第9回 天鳳名人戦第3節牌譜検討2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第9回 天鳳名人戦第3節牌譜検討2

B卓

第1戦

東2局 南 鈴木プロ ドラ四索 19巡目
三萬四萬四萬四萬五萬六萬六萬六萬一索二索三索七索七索七索

ここでcoaさんの打った無スジの二萬を鳴いて、現物の七索を切ります。細かいですが大事な技術です。

南2局 南 鈴木プロ ドラ四索 カンドラ五索 14巡目
二萬三萬四萬七萬七萬三筒四筒四索五索赤六索 裏七索七索裏
ツモ二索
二筒フリテンです。40600点のトップで、20500点の多井プロのリーチをうけます。二索無スジなので、現物三筒を当然に抜きます。しかし、次巡もどってきて、一発が消えたからとプッシュ! ハイテイでオリることになりましたが、強気の押しでした。

オーラス 南 coaさん ドラ五索 9巡目

四萬五萬六萬四筒五筒赤六筒六索六索北北 南横南南
ツモ南
3着で、2着とは7200点差ですが、ラスと3300点差という微妙な位置です。ですが、coaさんはこれをカン。点パネでツモ条件の1600・3200をクリアし、1300・2600で2着になります。

第2戦

東2局 南 鈴木プロ ドラ六筒 6巡目
一萬一萬二萬二萬三萬三萬五筒六筒六筒六筒六筒八筒八筒
ダマで十分ですが、いい待ちだけに、これをリーチします。
このときのASAPINさんの手が
一萬二萬三萬四萬四萬五萬五萬七萬七萬九萬八筒五索六索
戦える手ではありません。しかし、マンズが1枚もとおらずにオリていったら16巡目
一萬二萬三萬四萬四萬五萬赤五萬五萬七萬七萬七萬九萬五筒
ツモ四萬
はってしまいます。残り1巡なので、リーチはしません。ここで鈴木プロが… 八萬つかみます。安目マンガンとはいえ、これはへこみますね。

ここから2局は、渋川さんいわく「たろうさんラフだわー」
東3局は13巡目の3シャンテンで、リーチ一発目に押し。東4局も字牌の重なりの必要なホンイツでリーチに押し。

しかしその鈴木プロも復活して
南2局 西 多井プロ ドラ六萬 11巡目
四萬五萬赤六萬七萬六筒七筒八筒九筒一索二索三索四索六索
ツモ五索
このとき鈴木プロが
九萬二筒五筒三筒一萬四筒/一萬横南三索南七筒
で、五筒の裏スジの六筒九筒、ドラまたぎの四萬七萬のどちらも嫌です。
多井プロは七萬リーチ。ロンされてしまいました。ちなみにドラが六萬だけに、切るなら読みをいれても七萬より四萬だそうです。
実際の鈴木プロの手は
三萬四萬五萬五萬六萬七筒八筒九筒九索九索中中
で、点パネぶん安目でした。

南3局1本場 南 多井プロ ドラ八萬 7巡目
四筒四筒五筒九筒九筒發發 五索横三索四索 東東横東
ラス目の鈴木プロの親番で、3着目の多井プロとしてはなんとしても親流ししなければならないところです。ホンイツとバックの両天秤から、バックに決めたところで、4枚目の六筒が出ます。が、これは見送り。渋川さんいわく、これは鳴いたほうがいいそうです。場にドラがみえているので、上位2人の差し込みを期待してバックを明確にするそうです。結局、鈴木プロが2600オールツモって3着目にたちます。

南3局2本場 親 鈴木プロ ドラ八萬 16巡目
一筒一筒一筒三筒三筒四筒二索三索四索白 南横南南
ツモ南
6巡前からcoaさんのリーチがはいっています。3着目にたって、もはや勝負する必要はないのですが鈴木プロはこれをカン! 嶺上牌が白で、三筒四筒どちらも危ないのですが、ここから三筒を切って多井プロにマンガンを打ち込みました。この時点で多井プロと3000点差ついているので、2人テンパイでもオーラス3着目なので、オリていいそうです。

オーラスは鈴木プロの微妙なアシストも実らず、ノーテン流局で終わりました。

第3戦

東2局 北 鈴木プロ ドラ七索 10巡目
五萬赤六萬七萬八萬九萬三筒三筒五筒赤六筒七筒三索七索八索
ツモ三筒
ASAPINさんが
南西二索七索七筒五筒横/六萬三萬一筒發
ですでにリーチしています。たろうさんは三索打ってあたりましたが、ここから三索三筒といくのは苦しいので、とりあえず七索八索九萬あたりで様子をみるべきだそうです。

東3局1本場 西 鈴木プロ 5巡目
九萬二筒三筒六筒七筒九索北發中中 白横白白
遠い手ですが、ここで多井プロのリーチ二索發四索九索横がはいります。
この巡目は現物九索ツモ切りですが、次巡一筒ツモで北より先に打九萬中叩いてそれから打北。さらにソーズが二索三索四索九索ととおっていて危ない五索ツモ切り。一筒四筒ノベタンテンパイでようやく打發。多井プロの四筒をとらえます。鈴木プロらしい後方からの追いあげでした。

オーラス、多井プロ22300、鈴木プロ19300、ASAPINさん11200の状況で鈴木プロがリーチ。多井プロはこれでオリましたが、ここはアガリにいったほうがいいそうです。いちばん嫌なのがラスで親番のASAPINさんがアガって混戦になることで、マンツモでもマン直でも3位転落なのは変わらない点棒状況だからだそうです。

第4戦

オーラス 西 coaさん ドラ四筒 9巡目
四萬四萬五萬赤五萬六萬二索二索五索赤六索六索 六萬横七萬八萬
点棒状況は、34200・33200・30400・22200の3着で、3900アガればトップです。ですが、ラスのASAPINさんがドラポンしていて、五筒赤まで切っています。ここで二索をポンするかという問題で、coaさんに直接きかれたそうです。これはラス回避のために絶対にポンだそうです。直撃条件のこりますしね。結果は、ASAPINさんからの出アガリで3着でした。

以上です。

関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。