スポンサー広告 > 近代麻雀 2013年5月1日号
近代麻雀 > 近代麻雀 2013年5月1日号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近代麻雀 2013年5月1日号

・バード
不破は天和の14枚目が、卓の天板に接着し、牌がセットされた後に落として牌山の角に積ませたものだと推理。そして、衆人環視のもと天板をこじ開ける。が、何もない。
その後、牌をセットしなおして、バードは不破に第1ツモをツモらせる。
ツモは1s。天和・大四喜・四暗刻の14枚目だった…

不破も「がはああああ」って雑魚っぽいやられ方だなぁw バードは次号で完結。第三部が続くといいですね。


・鉄鳴きの麒麟児
マツコ・デラックスが「魔法のリーチ」と言って桐谷に宣言牌を二択で選ばせる。実は牌は二つとも同じ4m。
桐谷もそれを見抜いていて、倍ツモ・マン直条件、しかもドラが北ですでに切られていることから、狙いは裏条件の倍ツモで、演出されたリーチは足止めのためのものと読む。
そして素直に1mをツモ切る… が、ロン。
一萬一萬二萬三萬四萬五萬赤五萬二筒三筒四筒二索三索四索
何でピンフ三色赤のダマで直撃を狙わなかったのかと聞かれ、「だってあなたダマにしたからって出してくれる人じゃないでしょう?」と答える。
確かにダマの36mだったら出なかった。これは面白い。

さらに次局オーラス、マツコ・デラックスはピンズのホンイツ模様、發、東とポンしていてドラの3pを切る。
10100点差をつけて、桐谷は
二筒三筒四筒二萬二萬二萬六萬六萬三索五索六索七索八索九索
からリー棒を出さずにすむ9s切りを選択。が…

四筒四筒五筒赤六筒七筒九索九索 東横東東 發發横發
の5200直で逆転。マンガン3メンチャンもハネ満のシャンテンも拒否してのシャボ。
シャボ待ちは魔神と呼ばれた雀ゴロの亡夫による、デジタル雀士の攻略法らしいが…

いやー。面白い。麒麟児はいま近麻で一番おもしろいんじゃないですかね。どうでもいいけど東願寺晴子が準レギュラー化してて笑うww


・雀術師シルルと微差ゴースト
負けてその場で引退宣言って感じ悪いなぁw


・アカギ
「何が「わしらは焼きサンド要員だよ」だ? アホかっ!」
爪ようじで武装し、亡者たちを率いて鬼に立ち向かうワシズ様。シュールすぎる…


・麻雀小僧
2回戦終了時の総合得点は今西、野口、田村、山本、米津、みーちゃん、の順。
3回戦はまー坊は、国枝と田中を倒した山本と当たることになる。
山本は6巡目のリャンメンチーの1000点で、親の三好の大物手をかわし、まー坊にドラポンさせてその現物でアガったりする。そして、中の片アガリをダマにして1300でアガる。オーラス、満ツモ条件だが日和らない山本をどう崩すか…

総合得点1位しか抜けられないんだから、単に半荘トップになるだけでなく、素点も叩かないと意味がない気もしますけどね。


・むこうぶち
ある種の天才である石川さんは、超人的な感覚でロンを避けつづける。が、振りトップを理解できないため差し込みができず2着で終わる。
さらに、ブラフの仕掛けまで避けるが、他家が全員、マンピンソーと仕掛ける。
石川さんかわいい。


・実践で出る100の基本
前回の解答は、誤植がないものとして、誤植がなかった場合の選択を正答にすることに。
まさかそう来るとは。しかし納得のできる解答ではあります。前回が一番正答率が低かったのではないでしょうか。


・麒麟児の一打
・渋川
しばらく前からそんな気はしていましたが、完全なネタ切れに。

・堀内
メンツ落としの話。
一萬二萬九萬九萬一筒一筒七筒九筒四索五索赤六索九索九索 ドラ5s
からアガリトップで鳴くか。鳴き。

アガリトップの打牌は
1.スピード
2.ダマでもフーロもできる役ありに
3.役なしはリーチ

スピード優先なら、手広さ重視、食い伸ばし、ターツ選択ではドラに絡まない方をのこす。
ちなみに、ドラ9sならアガリトップでなくとも鳴く。

・小倉
前号の渋川への異議。
フーロしてリャンシャンからでも遅くないかぎりカン。何故なら、相手にだけ有利に働くのは相手がリーチしてかつアガった場合のみだから。早い好形テンパイならミンカンまでする。
カンをしないのは、リーチが入っている、トップ目、自分の手が遅い、の場合。



麻雀麒麟児の一打 鉄鳴き
堀内 正人
竹書房

関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。