スポンサー広告 > 咲-saki- 阿知賀編 14話[憧憬] 亦野の失点が不可避的なものであったことが明らかに。そして哩の見逃しの是非は
咲-saki-感想 > 咲-saki- 阿知賀編 14話[憧憬] 亦野の失点が不可避的なものであったことが明らかに。そして哩の見逃しの是非は

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲-saki- 阿知賀編 14話[憧憬] 亦野の失点が不可避的なものであったことが明らかに。そして哩の見逃しの是非は

※アニメ阿知賀編の14話の内容を含みます。
中堅戦の後半戦オーラスから、副将戦の後半戦ラス前までが描かれました。哩さん、カッコよすぎです。

・前半戦東2局

船Qの牌姿とアガリ牌が明らかに。
nico1
8pポンで振込み。亦野の牌姿は不明のままです。
「ポンの余剰牌を狙われた…?」ということは、39pや57p9mを切っていたのかもしれません。5688pからの5p早切りで手の内のポン材を見抜いたりしたのでしょうか。


・東4局

局面図が明らかになりました。
nico2

四萬五萬赤六萬三筒四筒五筒赤六筒六筒七索七索八索九索九索

8巡目ですから、手牌の形は不明ですが、この放銃は仕方ありません。
哩はアガれる気のない配牌だったと回想していますが、確かに24568mの形で28mをもっていて、また發も引っ張っていることからターツ不足、もしくは悪形だったことが分かります。


・南2局

問題の、スジに頼りがちと批判された亦野のヒッカケでの放銃です。
亦野の手牌が九萬九萬一筒三筒五筒赤八筒九筒 中横中中 北横北北 ツモ8pと分かりました。
nico3
nico4
nico5
nico6

6pと9pの選択でした。どちらもスジですが、9p場ゼロなので、トイツ持ちの9mの方が安全です。また6m4枚みえなので、ノベタンや3メンチャンのような複合形がない分、9mの方が安全です。この放銃は仕方ありません。9mの他に打てる牌はありません。(攻めを残しつつ軽くオリたい)という独白は、現物はあるが形を崩さないように比較的に安全な牌を打つ、という意味かと思っていましたが、安牌の間での選択だったようです。形的には9pですが、ホンイツを残して、安全にマンガンを張り返したら場合によっては勝負するつもりだったのでしょう。
そして、役牌がすべて枯れていて、目立つ捨て牌もなく、9mはほぼ完全な共通安牌であるため、この愚形イーシャンテンでの2フーロも不自然ではありません。3900ありますし。亦野に限っては、3フーロで確実なホーラが見込めます。


・南2局1本場

nico7
nico9
これも局面図が明らかになりました。9巡目でした。しかも船Qの捨て牌もそこまで目立ちません。むしろ123sに4sを引いての1s切りの方がありそうです。チートイやチャンタも警戒はするでしょうが、この巡目に1sが出ただけではテンパイとは分かりません。この巡目に地獄の西まで絞っていたら麻雀になりません。これも仕方ありません。
1sと西なら、単純枚数なら1sが勝っていますが、哩の捨て牌が4s→2sなので1sがトイツで持たれていることを警戒したのかもしれません。


・南2局2本場

nico10
nico11

局面図が明らかになりました。
亦野は染めていました。9mは無スジ、むしろ灼の捨て牌から369mは浮いていて、白でも發でも落とせますが、哩・船Qとも「鷺森灼にはピンズ以外なら通るはず」と思っているので、仕方ないでしょう。哩か船Qがツモっていても、ツモ切ったはずですから。


nico13
nico14

晴絵の牌譜の一部が明らかに。これは貴重です。…が、晴絵の手牌以下ほとんどが判読できないため解析はできません。
それにしても、10年前にも赤ドラは入っていたんですね。赤ドラのあるなしでは打牌選択が変わりますし、戦術もそのために更新される部分があるのですが。


・後半戦南3局

nico19
nico20
nico15
nico16
nico17
nico18
nico21


亦野が哩のアタリ牌である3mをツモ切って、哩がそれを見逃していたことが分かりました。これで新道寺以外にもリザベーションは7以上だと分かるわけですね。

この3mは… この3mは…

まず、この3mを切ることによる期待値を計算してみましょう。
必要牌は3sと58mです。8mは場1、3sもおそらくは場ゼロです。
12巡目で南家なので、みえている牌は55枚。みえていない牌は136-55で81枚。
58m3sの枚数は11枚。
17巡目までにテンパイしている確率は単純に1-70÷81^5で約58.35%です。…という風に計算していこうとしたけどイーシャンテンでは計算が面倒なのでやめました。3sが先に埋まってリーチして7700ですから、あまり高くはないでしょう。とにかく、得点期待値はだいぶ低いです。
テンパイ料については、2人テンパイの場合の1500点の支出も合わせ、2500点の収入があるので、1458点の期待値があります。
対して、失点期待値は、通っていないスジは哩が7スジ、灼が12スジです。3mは哩に14.28%、灼に7.68%の確率でアタリです。ただ、ドラは4枚みえているので、リーチの平均得点の子・7000点、親・9800点よりは仮定の得点は低くなります。ちなみに哩の手をメンホンだと仮定すると、20%の確率でアタリです。そして仮定の得点は8000からです。これはかなりの高確率ですし、実際、3mは哩にアタリです。また、7sも無スジで、これも押すと失点期待値はさらに増えます。
具体的な数値が出せず申し訳ありませんが、とにかく、この3mは押す牌ではありません。(実際、アタっています)
ただ、前半戦だけで45300点もの大失点をした心的動揺は考慮してもよいかと思います。

では、哩の見逃しについてはどうでしょう。
亦野から出アガリして裏が乗る確率は、3m,4m,5m,6m,7m,8m,中のいずれかが裏ドラになっていればいいわけですが、この時点でみえていないのは24枚です。みえていない牌は81枚です。裏がのる確率は29.62%です。
次に、ツモる確率は1-69÷81^6で38.21%。ツモにかけた方が7ハン縛りを達成できる確率が高いのです。哩さん、さすがです。
まあ、正確には脇にアガられなければという限定がつきますし、灼はリーチしているので、確実な7ハン達成は諦めて裏に期待した方がいいでしょう。さらに、亦野が親リーをふくむ2軒リーチに対して無スジの3mを押しているので、普通に考えれば確実にテンパイがはいっています(実際はイーシャンテンでしたが)。


亦野は59400点という咲-saki-史上断トツの失点をしました。ですが、29600点は麻雀として不可避の失点、さらに灼への8600点の失点も合わせると、総失点59400点のうち38200点は亦野に責任がないことが断言できます。(まあ、咲-saki-ではキャラクターが失着すること自体が稀なので、問責に値する失点というものはほとんど存在しませんが)
結果を語ることも重要ですが、その内容もみていきましょう。


関連記事
亦野は本当に弱いのか? フーロ数別の放銃率まとめ
シャンテン数とホーラ率から分かる亦野がレギュラーに登用された本当の理由



ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル(数量限定生産 黄金体験 BOX)
バンダイナムコゲームス (2013-08-29)
売り上げランキング: 3




関連記事
スポンサーサイト
261:

前半戦南二局0本場、これについては、

>9mの他に打てる牌はありません。

とまで言うと言い過ぎでは? と思わないでもないのですが……。
「攻めを残す」なら、9p切りで9mと8pのポンの目を残した方が、鳴きやすいという意味では亦野さんにとっては都合がいいでしょうし。

2013.02.20 22:35 #vy4TR2to URL[EDIT]
262:

3m切りだけが本当に意味の分からないシーンでした。
もし仮に灼ちゃんがリーチ後に当たり牌を掴む等の場面があったのなら、亦野の3m切りを映す必要がありません。
おそらく見逃しにより哩さんのリザベ達成を印象づけたかったが為の演出+大失点による動揺が理由なんでしょうが、私は亦野に対して悪意があるような扱い方を感じました。
それ以外は比較的フォローと言える描写だったと思います。その直撃を除けば、当然残りの失点はツモられで仕方ない物ですから、今後に期待します。

2013.02.20 22:42 ピヨ鬼 #- URL[EDIT]
263:

9pは見えてないからそこそこ危ないんじゃないかな?
それに灼は筒子待ちが多いってデータもありましたし、
そこに引っかけた灼が一枚上手だったのかと。

それはともかく考察お疲れ様です。
これで亦野さんもきっと報われるんだ......

2013.02.20 22:46 白揚羽 #- URL[EDIT]
264:

亦野ファンとしてはこれは嬉しい。文堂さんもだけどこの2人の失点をけなしまくるだけけなしてこういう事をまったく考えてない奴が多いんだよなあ

2013.02.20 22:54 #- URL[EDIT]
265:

3mだけはよくわかりませんが僕も他は必然的というか全部相手の待ちがうまかったように思えます。
たまたまその待ち牌を亦野が持っていて亦野としてはその牌が一番安全であるような選択をしていたと思います。

ただ3mだけはわかりません

2013.02.21 01:12 かおりちゃん #- URL[EDIT]
266:

これはすばらな記事!
最後の一打を好意的に解釈するなら、

2位の阿知賀にあがられるくらいなら
4位の新道寺に差し込んだ方がマシ

という判断だったと考えることは出来ないでしょうか。
灼には六索も2ピンも安牌で、3ピンはリーチのスジですし、
亦野誠子は灼だけを警戒していた、という解釈です。
あからさまな染め手を追っかけるリーチなんだから、
阿知賀も高い手、だと考えていてもおかしくはないでしょうし、
そこに亦野さん自身の性格や、大失点による動揺なども加味すれば、
なんとかギリギリ理解できる一打じゃないかな、と今は考えてます。

2013.02.21 02:52 ミスタ #s.gwVUvE URL[EDIT]
267:

そうなんだよなぁ。
漫画のときは気付かなかったけどアニメ良く見たら、
こういう場面多かった。

特に西とかは避けるの厳しいと思う。


(((ピンズ以外は通るはず)))のシーンは別に亦野さんじゃなくても良かっただろうに。
まぁ亦野はまだ能力あると思ってます。

2013.02.21 17:53 #- URL[EDIT]
268:

まあ、あんまりフォローする必要もない失着ですが、
強いて言えば亦野はツモ和了狙いを読んでいましたから
ならば自分の捨て牌では和了れないと見ていたか、
差し込んでも倍満は回避したいと思ったのかも。

あれでロン和了でもリザべ自体は達成なので、
描きたかったことは哩のリザベーション7クリアに満足せず
更に上の翻数を狙う姿勢だったのでしょう。
阿知賀からのロン牌見逃しより、白糸台からの見逃しの
方が、より姿勢がはっきりしますから。

2013.02.21 20:58 #- URL[EDIT]
269:

一発がつかないからロン和了じゃリザベーション7足りないんじゃねえの。

2013.02.22 05:40 #- URL[EDIT]
271:

9m切りは仕方ないけど、その前のフナQのリーチ牌の2pは何故鳴かないのかな?
振り込んだ時の形が99m13(赤5)889p。
捨て牌に6pがあるからリーチの時の形は99%この形99m1389p東…鳴いてもよくない?

2013.02.26 08:04 #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。