スポンサー広告 > 咲-saki- 阿知賀編 第19話[本領] 淡の真の能力が発動! 穏乃がまさかの能力覚醒!
咲-saki-感想 > 咲-saki- 阿知賀編 第19話[本領] 淡の真の能力が発動! 穏乃がまさかの能力覚醒!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲-saki- 阿知賀編 第19話[本領] 淡の真の能力が発動! 穏乃がまさかの能力覚醒!

※阿知賀編の連載分のネタバレ注意
今号は後半戦の東3局まで。物語は佳境を過ぎ、次号に最終回を迎えるまでになりました。闘牌も激しさを増し、淡が真の能力を開放し、さらには穏乃の能力が示唆されました。最低マンガン、全局直取りというかつてない殴り合いとなりました。


・白糸台の内情
晴絵の口から白糸台の内情が語られました。
晴絵がいうには、白糸台は部員に班を組ませ、部内の対抗試合で勝った班がそのままレギュラーになるそうです。そして、それが今年のレギュラーである「チーム虎姫」なのだそうです。

「部を班に分けて競わせる」うん。「それぞれの班には特色をもたせる」? うん。「対抗試合で勝った班の班員がそのままレギュラーになる」うん…?

部を班分けして競わせるのは理に適っています。班員を同じ雀風の者で固めるのも、まあ、よしとしましょう。ですが、班別の対抗試合で勝った班のメンバーがそのままレギュラーになるのは、明らかに不合理でしょう。各班のモチベーションにはなりますし、(班内に限れば)結束も高まるでしょうが、そのメリットよりも、各班の枠をこえて優秀な選手を出場させられないデメリットの方が大きいです(真の白糸台ナンバーファイブ「解せぬ」)。実際、晴絵にも「必ずしも白糸台のトップ5が代表になるわけじゃない」と、散々なことを言われています。例えば、照のいない班が優勝すれば照が団体戦に登用されないという怪奇人事が行われることになります。また、班別で対抗させるといっても、照のいる以外の班の優勝は不可能なのですから、班分けが発表された時点で、他班の選手たちの活動意欲はほとんど失われるでしょう。二軍落ちした選手たちは廊下に整列のうえ挨拶させられていますが、なかなか耐えられないでしょう。
班分けの方法も問題です。そもそも、麻雀は何か一つの技術に秀でただけでは勝てません。例えば、打撃派の選手でも東場で大量得点したら南場では速攻でかわしにいかなければなりませんし、守備派の選手でも持ち点を離されたら得点しにいかなければなりません(そもそも、最善手が特定できない局面というのは稀少ですから、打牌選択のうえでの主義というのは観念論にすぎませんが)。それはともかく、問題なのは、対抗試合の各班が特定の打牌を義務付けられているということです。部内の対抗試合の順位が、総合得点か、平均得点か、順位の累計かは知りませんが、優勝するのは打点力あるチーム以外にありえません。インターハイのルールには順位点がありませんから、打点力のあるチームが殊に有利になります(守備派チーム「解せぬ」)。
これはまさか、選手交代で真の白糸台のナンバーファイブが登場してくる展開がくるのか…?(ジャンプ脳)


・多治比真佑子
松庵女学院2年。アニメ1期の東東京の決勝戦で顔だけ映っていて、可愛いと話題になっていましたが、詳細が分かりました。団体戦、個人戦の戦績ともに突出していたそうです。
1352822891473


・前半戦南4局
前号、ダブリーをしかけた淡ですが、今号、8sをアンカンしました。

9巡目 ドラ中 カンドラ5p
穏乃
三萬三萬四萬五萬五萬三筒四筒五筒赤三索四索五索北北
ツモ8p

4mが場2で、3m現物、5m中スジです。カン4mのままでは押さないとしても、巡目と無スジの数、先の変化を考えると無スジの8pくらいは押したいところです。が、穏乃は晴絵の言葉を思い出して現物の北を切ります。下家は淡で鳴かれることもありませんから、テンパイ復帰のためにも、後々の安牌のためにも、現物の3mを切った方がいい気もしますが。
しかし、晴絵の言葉がなければ穏乃は自然な打牌として8pを打っていたでしょう。次鋒戦も合わせると、晴絵は直接的な貢献だけで3万点は阿知賀に加点していますね。まあここまで有能だと、阿知賀だけ初見のRPGを攻略サイトをみながらやっているような安直感さえありますが(久保貴子「解せぬ」)。

次巡
姫子
五萬赤六萬七萬二筒二筒五筒六筒七筒二索三索五索七索九索
ツモ6s

ダママンのリャンメン。ツモればハネマン。十分な勝負手です。しかも、淡が8sをアンカンしているので、タンキもなく、9sはシャボでしかアタりません。さらに、他に安全度の高い牌は、別に安全でもないスジの7mのみ。まあ咲-saki-世界では最も安全度の高い牌が最も危険度が高いので、9sは最大級の危険牌なのですが。

二筒三筒四筒八筒八筒一索二索三索九索九索 裏八索八索裏

ドラ中 カンドラ5p
裏發 カン裏8s

カン裏もろのりで18000。手前に一回転させるモーション付きで手牌を開きます。ダブリーとアンカン、カン裏の3つが淡の能力のようです。そして、晴絵の忠告どおり、アンカン後にツモった8pがアタリでした。
そして1本場。

再びダブリー!
いや、この絶望感はすごい。この「終わらない悪夢」感は照をこえています。

そして再びアンカン。…が、連続ツモ切りで16巡目。赤5pで穏乃に7700の1本場を放銃します。
二萬三萬四萬五萬六萬裏裏裏裏裏裏裏裏

ドラ6m カンドラ?
ロン赤5p

5pロンなので、67p,46p,55p,5p(5678p)のいずれか。7700なのでピンフ形、67の形になります。直前の4pは、ツモ切りか、46に7を引いたのでしょう。タンピンドラ赤か、ピンフドラ赤赤になります。

ここにきてようやく、淡も穏乃を敵と認識します。
衣が語るには、穏乃と対戦したときには海底を二度、阻止され、しかも二度目には他家(おそらく穏乃)のアガリがあったそうです。


・後半戦
後半戦、各校の点棒は

千里山106.1
白糸台101.3
阿知賀101.2
新道寺91.4


拮抗しています。ちなみに、新道寺の役ツモを仮定すると、

新道寺123.4
千里山98.1
阿知賀93.2
白糸台85.3


新道寺のダントツになります。
 
座順は阿知賀、千里山、白糸台、新道寺。阿知賀と白糸台が対面になりました。お約束ですね。ただ、これまで咲と衣、咲と末原先輩はどちらも対面にはなっていないので、偶然と言った方がよさそうです。


・東1局
東1局、穏乃らの3人は、淡のダブリーを阻止するために第1ツモの前に鳴きをいれる、と考えて、穏乃は唯一の456牌の6sを打ちます。…が、鳴けない。しかし、淡はそれを嘲笑うかのようにツモ切りダブリーにでます。
そして、予定調和のごとく姫子からロン、ダブリーカン裏4、12000。


・東2局
淡は当然、ダブリーをしかけます。が、描写はありませんが、後半戦東2局は2ハンのリザベーションがあったようで、姫子は淡からマンガンを直取りします。
菫「おどろきだな… 照以外で淡のダブリーを打ち破れる高校生がいるとは」(菫ェ…)
照は「10人くらいいるんじゃないかな」とあっさり否定します。さらに照いわく、哩姫のコンボはプロでは破れない、だそうです。
淡のダブリーの弱点に関しては、照は淡のダブリーを破れる。また、誠子はヤマを繋げて円形にして、淡のアガリを封じたのだそうです。


・東3局
ドラ2s カンドラ9s

淡は3sカン。

姫子
三筒四筒五筒赤五筒五筒六筒二索二索二索六索中中中
ツモr5p

高目36p倍満、安目47pでもハネマンという鬼手の4メンチャンをテンパイ。手出しの6sはアタらなかったものの、ツモ切りの3mでロン。

一萬二萬四萬四萬一筒二筒三筒六筒七筒八筒 裏四索四索裏

裏西 カン裏4s

淡(ねぇ… 知ってる?)(マメシバか)
淡(私が親を続けるかぎり、ダブルリーチは止められないし。新道寺の変なコンボが出ることもない…!!)

親である限りということは、ツモ切りダブリーは例外で、手出しダブリーの方が多いのでしょう。

そして、船Qが淡の能力の真相に気付きます。それは、4辺あるヤマの3番目のヤマのラスヅモでアンカンし、最後のヤマのはじめの数巡でアガるということ。

そして1本場も竜華から18000直撃。たった2局で36000!
思案のすえ、竜華は完全予知をこの2本場で使うことにします。そして淡から16000直撃。

一筒二筒三筒三筒四筒五筒赤白白白發中中中
リーチ

ああ… 親でダブリーかけられたのに好き勝手に無スジを切られて、手役構成されて倍満直撃されたら絶望です。
裏が乗らないことが分かっているのに、点数の変わらないリーチをかけています。竜華がリーチをかけていなければ、誰かが先にアガっていたのかもしれません。

2本場の開始時で

白糸台140.6
阿知賀101.2
千里山87.8
新道寺70.4

新道寺の役ツモを加算しておくと、

白糸台122.6
新道寺102.4
阿知賀93.2
千里山79.8

竜華としては白糸台に走られるのを止めるよりも、新道寺か阿知賀を標的にしたい点棒状況ですが、淡の18000無差別爆撃は放置すると致命傷になりかねないのでやむをえません。

晴絵(しず… その3人―― その3つの山は登れそう…?)
晴絵(深いところまで分け入ることができた?)

穏乃(視界良好!)



1360727104800


以下次号。最終回。

最終回。

…えええええ!? 最終回!? 早い。長野県予選決勝も、Bブロック2回戦も、大将戦後半戦の南場だけで数ヶ月使っているのに… 

長野県予選
34局(前半戦東1局)~46局(後半戦南1局)~53局(南4局)

Bブロック2回戦
90局(前半戦東1局)~98局(後半戦南1局)~99局(南4局)

Aブロック準決勝先鋒戦
8局(前半戦東1局)~10局(後半戦南1局)~12局(南4局)

あと、最終回の告知が簡単すぎて唖然としました。他の連載なら打ち切りを疑うレベルです。最終回の3号前くらいからカウントダウンをはじめるとか、せめて最終回前号の今回に特集記事を掲載するくらいはしてほしいです。まあ私の中ではお祭り騒ぎだからいいのですが。


・淡と穏乃の能力

yama2w
yama3w
yama4w
yama6w

分かりにくいので図示しました。
後半戦の東2局、東3局1本場、2本場に関しては局面図も牌山の情報もなかったので図表化しませんでした。

淡の能力に関しては、判明している範囲で
・全局ダブリーをかけられる。
・配牌テンパイのこともあるが、かならずしもそうではない。その場合、第1ツモの前に鳴きをいれることでダブリーを阻止できる。
・ダブリー後、最後の牌山に入る前の最後のツモでアンカンする。
・最後の牌山のはじめのツモで、他家がアタリ牌を掴む。
・カン裏がアンカンした牌にかならず乗る。

ということですね。また確定ではありませんが、
・ダブリーとカン裏以外の役(ドラをふくむ)は付かない。
ということも言えるでしょう。

最強です。
弱点は、巡目を要することだけです。あえていうなら、ダブリーとカン裏以外の役が複合しなく、かならずアンカンすることから、手牌を読みやすいことでしょうか。例えば字牌のドラは決してアタりません。それから、後半戦東1局、東3局1本場は不明ですが、おおむねツモ切りで放銃していることから、最後の牌山の最初のツモだけ切らなければいいということも言えます。
また、誠子が淡のダブリーを防いだ方法から、牌山の「割れ目」が能力の要を握っていることが分かります。何か理由があるのでしょうが、それは今後に明かされることを期待します。


穏乃の能力に関しては、晴絵の「ピンゾロ」発言以外にヒントがありません。サイコロ、もしくは牌山が関係していることになります。
ですが、サイコロに関してはサイコロのない自動卓も多いですし、私には考えづらいです。吉野の高城山が標高1111メートルだそうですが。また、2回戦大将戦後半戦のオーラスも6・6のピンゾロでした。
牌山の関しては、「穏乃のヤマでは能力が無効化される」という考察を拝見しました。これは説得力があります。ただ、後半戦の東1局では穏乃のヤマでカンしていますし、アタリ牌とヤマとの関係性はまったくありません。しかし少なくとも、衣の海底封じも合わせて考えると「能力無効化能力」なのは確定できそうです。

インターハイ決勝戦。穏乃の能力により、全員の能力が無効化されたオーラス。すでに嶺上牌の支配は失われているが、咲はツモってきたカン材をカンする。もはや神の奇跡も悪魔の悪戯もなく、あるのは単なる人間の偶然だけ。しかし嶺上牌でツモ。逆転。
…とかいいと思います。


次回、最終回は3月12日! 果たして穏乃の能力とは!? 淡の猛攻はとめられるのか!? 竜華の最後の完全予知はどう使われるのか!? 姫子の数え役満の行方は!? 乞うご期待!


ガールズ&パンツァー 3 (初回限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2013-03-22)
売り上げランキング: 10


咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A マグカップ 4人
ペンギンパレード (2013-03-31)
売り上げランキング: 4,305

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A お風呂ポスター 怜&竜華
ペンギンパレード (2013-03-31)
売り上げランキング: 2,301



これで最終回のネタバレをくらったら、何でもいいから適当に理由をつけて未発売のガンガンの画像を撮影してアップロードした奴への告訴状をつくって東京地検(スクエニの所在地が東京都だから)に届けを出す。
関連記事
スポンサーサイト
253:

ネタばれ程恐ろしいものはない…。
とくにバレ注意とか書いてないものほどな。

山云々関連は確かに幾つも見当たりますが、グラフの人かどなたかが否定説も出していた記憶が。

2013.02.14 19:42 #- URL[EDIT]
254:

18話じゃなくて19話ですね。

2013.02.14 20:11 #- URL[EDIT]
255:Re: タイトルなし

> 18話じゃなくて19話ですね。

てへぺろ☆

2013.02.14 20:16 ラム肉 #- URL[EDIT]
256:

>場1でほぼ完全安牌の北
淡は親でダブリーなんですから、
姫子が1巡目に通した北だって現物、完全安牌でっせ。

>赤5pで穏乃にマンガン放銃
7700の一本場ですよ。たぶんタンピンドラ1赤1ですよね。
穏乃の手牌にアンカンもないので、少なくとも30符でピンフは確定。
つまり両面ですね。

>淡のアンカン後
これも、アンカン前で、表ドラと裏ドラを並べておいただけの
可能性がかなり高いです。
コマの右上に見えるのが白の端っこでしょう。
5sが表ドラ、北が裏ドラ。
今まで裏ドラが表示される状況で表ドラが明示されなかったことが一度もないこと、
初期の優希を除いて表ドラは必ずプレイヤーから見て右に配置されること、
めくり動作による位置ズレが発生していることなどが証拠です。

>2本場の開始時で
>白糸台139.6
これも違います。東4局時点の得点画像から16600点差し引きしたんでしょうけど、
淡はダブリーしてますから、他家に和了られるとリー棒も失います。


どうしたラム肉さん!? 今日はなんかミス多いよ!

2013.02.14 21:34 zohnam@咲グラフ #- URL[EDIT]
257:Re: タイトルなし

> >場1でほぼ完全安牌の北
汗顔至極です。訂正致しました。

> >赤5pで穏乃にマンガン放銃
私は7700のことをマンガンと言っちゃう系女子なので。1本場のせいで紛らしいので訂正致しました。
そしてピンフには気づきませんでした。お恥ずかしいかぎりです。追記させていただきました。

> >淡のアンカン後
他の局と混同していました。冷や汗三缶です。訂正致しました。

> >2本場の開始時で
> >白糸台139.6
おっしゃる通りです。面目次第もございません。訂正致しました。

> どうしたラム肉さん!? 今日はなんかミス多いよ!
ご指摘ありがとうございました。自分の認識の誤りがあったので、個人的にたいへん助かりました。

ブログ閲覧者の方々にはご迷惑をおかけしたことを謝罪いたします。

2013.02.14 22:59 ラム肉 #- URL[EDIT]
258:

こういう不合理なシステムには、単純な知識不足による物かあるいは私的感情が絡むなどの理由があるといわれますね
白糸台の組織形態にも注目していけます

2013.02.14 23:21 ピヨ鬼 #- URL[EDIT]
259:

6はピンゾロ言わないんじゃないかな。

1巡目前に他家の鳴きが入れば、最初からテンパイでも通常のリーチになる。(Wikipedia)
他のサイトではそういう記述もなかったりするからどうなんだろう。
ダブリー自体は防げるがその後の能力まで防げるかは不明。
鳴きでダブリーを防ぐとその捨て牌で人和(衣のハイテイと高火力の二択)とか考えたが、こいつも鳴きはナシか。

2013.02.15 01:35 福岡県民人 #- URL[EDIT]
260:

「ピン」は1の意ですから、単なる揃目ですね。

2013.02.16 01:25 #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。