スポンサー広告 > 咲-saki- 第107局 [開始] メンゼンを捨てた優希 その速力は…?
咲-saki-感想 > 咲-saki- 第107局 [開始] メンゼンを捨てた優希 その速力は…?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲-saki- 第107局 [開始] メンゼンを捨てた優希 その速力は…?

※本編の連載分のネタバレ注意
今回は先鋒戦前半戦東1局で優希が2本積むまで。

有珠山のメンツの詳しい絵面が分かりました。
1357261862174
制服はピンクだったようです。可愛いです。
雰囲気からすると、この白タイツ娘か、このカラーには描かれていないアイドルっぽい巨乳娘が大将でしょうか。
鬼太郎娘の名前は本内成香だそうです。

東1局 ドラ3s 東家 2巡目
優希
三索三索六筒七筒八筒八筒八筒二萬三萬八萬中中中
ここから8pを鳴いてテンパイ。同巡、本内が
一萬三萬四萬六萬八萬三索四索五索赤八索九索四筒六筒七筒
に5pを引いてロン。

東1局1本場 ドラ9m 東家 3巡目
四萬五萬六萬二筒二筒四筒五筒六筒五索赤五索六索八索八索
に7sをr56で鳴いてテンパイ。次巡、2pツモ。

5800テンパイは誰でもとるでしょうが、確かにリャンメンチーは早いです。それも68sではなくr56sで鳴いて2pと8sのシャボにとっていることから、完全に速度を重視しています。リャンメンチーは意見の分かれるところです。私ならヌルいといわれるでしょうが、2p8sのトイツが重いとはいえ3巡目で、ダママンがみえているのでスルーしてしまうかもしれません。鳴くとしたら、もちろんr56sでですが。
まあ一般的な感覚など当てにはなりません。問題は優希がチーテン、ポンテンとはいえ鳴きをいれていることです。2回戦では、
東1局 3巡目リーチ 5巡目ツモ(本来なら一発ツモ)
1本場 2巡目テンパイ 同巡ロン
2本場 ダブルリーチ 同巡ロン
3本場 3巡目テンパイ 5巡目上重ロン和了
ですから、メンゼンで進めるのが自然に思えます。大して早くなっていませんが、確かに速度に注力しています。

辻垣内いわく「本来もっていたアドバンテージを打点ではなく速度にまわしたのか」

対して、本内は(速度があっても火力がないなら、こちらから攻めてもいいかもですね)と考えます。アカン。これ上家の本内が優希に鳴かせまくるパターンや。

優希「ここに山を築く。今度こそ、誰にも賽は振らせない……!!

中国語で勝負は「比賽」、サイコロの出目を比べるという意味です。つまり、賽を振らせないとは、次局のサイコロを振らせないという意味と、誰にも勝負をさせないという意味のダブルミーニングになっているわけです。
まあ無理ですけど。ただ、メタ的なことをいえば、決勝戦では優希は照を相手にしてマイナスで終わるでしょうから、準決勝くらいプラスで帰ってくるかもしれません。

ちなみに東1局では辻垣内は
一筒二筒二筒五筒赤五筒八筒三萬七萬四索五索六索八索九索北
から8pではなく北を切っていましたから、手役派なのかもしれません。


次号は1月18日。はたして優希は猛連荘を達成できるのか、本内は登場して早々にネタキャラ化してしまうのか。次号も楽しみです。


RAH MGM 鹿目まどか (塗装済み完成品)
メディコム・トイ (2012-12-29)
売り上げランキング: 116

孤独のグルメ Season2 Blu-ray BOX
ポニーキャニオン (2013-03-20)
売り上げランキング: 298

関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。