スポンサー広告 > 【麻雀】魔神の天鳳理論2 第二期天鳳名人戦第7節牌譜検討まとめ
実戦牌譜 > 【麻雀】魔神の天鳳理論2 第二期天鳳名人戦第7節牌譜検討まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【麻雀】魔神の天鳳理論2 第二期天鳳名人戦第7節牌譜検討まとめ

魔神の天鳳理論2 第二期天鳳名人戦第7節牌譜検討のまとめです。
第1戦

・東2局 親 6巡目 ドラ4m
coaさんが
三萬三萬六筒七筒八筒一索一索二索三索四索七索八索九索でリーチ
親の足止めリーチとはいえ、このひどい形なのでcoaさん自身もクリミスだったと言っていたそうです。
しかし同巡、福地さんが
二萬三萬四萬六萬七萬八萬九萬九萬五筒赤六筒五索赤五索六索七索でテンパイ。親の現張りなので当然の押しで、ダマにしました。しかし一発目に7pツモ。親リーが入っていなくても、リーチするか微妙なところですが、これは助かったかもしれません。

・東3局 北家 ドラ6m 4巡目
福地さんが

一萬一萬二萬二萬三萬七萬二索三索三索八索八索白白
ツモ8m
から何を切るか。
ドラ受けを残しつつ、チートイイーシャンテンの打2sとしました。

次巡、親のASAPINさんが
四萬五萬六萬三筒四筒五筒一索二索六索七索七索東東
ツモ2p
で迷う牌姿になりました。
渋川さんは普通に21sだそうですが、ASAPINさんは6sを切りました。ダブ東と心中の構えです。
ダブ東ポンしたら3sのオリ打ちを狙えますし、2345pを食い伸ばせるならそれもいいという構えです。
実際は3sツモでした。

・東3局1本場 西家 ドラ5m 13巡目
四萬五萬赤五萬二筒三筒三筒六筒六筒二索二索六索六索白
ツモ2m
南家の福地さんが中ポン、123pと鳴いています。白はション牌です。引き気味ですが、ドラ3でベタオリも何です。
剛プロはここから2pを切りました。
ですがロン。
二萬二萬二萬一筒一筒三筒三筒八索八索發 中中横中 r5s先切りのトイトイ決め打ちからの2pチーでした。これは読めません。

・東4局 西家 ドラ4s 11巡目
coaさん
五萬赤三索四索五索六索六索七索八索 八筒横六筒七筒 四筒横四筒四筒

ボーっとしてると3s切りですが、福地さんが1m23mチーのとき手出し2sで1sが通っているので、224sがありそうです。冷静に打6sとしました。223457sの場合がありますが、それならシャボの方がよさそうということでした。実際は246sからの打2s、カン5sでした。
そして福地さんから5mを討ちとりました。

・南1局 西家 ドラ白 4巡目
ASAPINさん
四筒五筒六筒七筒四索四索八索八索九索九索白白中
出る白
トップ目で、普段のASAPINさんはスルーするそうですが、親が8sを切っていて現物とワンチャンスで4ブロックあります。
その後、2pをツモって打8sとしました。ですが、それだとポンテンのあとが苦しいです。それでポンテンをとらないのなら一貫性がありません。2pツモ切るか、4sを切った方がいいのではということでした。
そして3pチーしてシャボにとります。そして7sツモ。そして1巡で、親の剛プロとcoaさんから二軒リーチがかかります。
渋川「オワタw」
ツモ4m
ASAPINさんは打9sとしました。
実は剛プロの中スジでcoaさんが3p切って7pトイツ落とししているので6pの方がいいかもということでした。
結果はcoaさんに3900放銃でした。

・南4局 親 ドラ2s 1巡目
福地さん

六萬七萬四筒五筒一索二索八索八索九索南白發中
アガリトップです。
福地さんはいきなり8s鳴きました。
タンヤオに行くなら鳴きですが、タンヤオだと遠すぎます。役牌バックの後々付けだとアタマがなくなるのでかえって悪いです。役牌重なりのためのツモ番も減ります。ペン7sなら急所なので鳴きます。
単にテンパイ確率を上げるためだけなら鳴きますが…
そして5巡目
六萬七萬四筒五筒白白中 三索横一索二索 八索八索横八索
渋川「あれ? アタマがない」
ちなみに2巡目に白が出ています。
これをスルーするわけがないので、その後にあっさりと出た白をポン。
67m45p
からなぜか最高のr5pをツモ。打4p。
ロン。剛プロに2000点でした。


2回戦

・東1局 東家 ドラ6s 7巡目
福地さん
二萬三萬三萬四筒六筒八筒三索四索六索七索八索西西
ツモ6p
福地さんは6pをツモ切りましたが、渋川さんは3m切りだそうです。ちなみに西切りは前巡に6mを切っているので一貫性がありません。14mは必ず使います。6pを切ってしまうと西を引いた場合のリャンメンリーチも、リャンメンが先に埋まった場合のシャボでのリーチも打てません。余剰牌はでますが、単純にリャンメン優先というだけではなく、ピンズを4668でもつことによって、将来的な受けの選択ができます。

西家 7巡目
ASAPINさん
一萬二萬四萬四萬五萬六萬七萬九萬三筒五筒五索六索七索
上家からr5sがでます。なんとこれを鳴いて19mを打ちます。イーシャンテンからのシャンテン戻しですが、5sに46sがくっつけばマンガンになる、面白い鳴きです。

・東2局 南家 ドラ7p 1巡目
ASAPINさん
一萬一萬二萬四萬六萬九萬三筒五筒二索七索九索南南
第1打南を鳴きますが、これは愚形が残って1000点確定なので、スルーしてもよかったかもしれません。結果としては、親リーと仕掛けに挟まれることになります。

北家 9巡目
福地さん
五萬五萬六筒八筒四索四索四索 北北横北 東東東横
ツモ8m

發九萬白九筒九筒三索横
八筒六萬

ツモ切りで放銃でしたが、これは仕方ありません。

・東2局4本場 西家 ドラ8s 11巡目
剛プロ
三萬三萬七萬七萬八萬八萬三筒四筒四筒五筒赤五筒六索七索
ツモ3p

親のcoaさんが
西北南二索二筒二索
六筒四筒九筒白二索

中横中中 九萬横七萬八萬

で78mはやりすぎということで、6sを切りました(4sが北家の福地さんが2枚切っていて、将来的に切りやすそう)。
しかし、次巡に前巡に福地さんが手出しした3sを引きます。福地さんのトイツ落としもありえて、リーチも悪くはありえません。
そしてcoaさんも8sを手出ししたところで、9mを引きます。2着目の剛プロはこれをダマにします。
しかし福地さんが8m切りリーチをかけ、coaさんも一発目に無スジを押します。
そこで、1枚切れの西を引いてノーチャンスで絶好の9mを切ります。
なんと福地さんは東タンキのチートイ。
しかもcoaさんはr55567mEEのホンイツでした。8sを終盤まで引っ張っているのですが、8s東のアタマなしのシャンテンという理由でした。
結果は福地さんが西を引いて3200放銃でした。

東3局 西家 ドラ6m 6巡目
福地さん
二萬五萬六萬七萬九萬九萬九萬七筒八筒九筒六索南南
ツモ南

南家の剛プロがすでに4s-3r5s 中-中中と仕掛けています。
普通ダマです。ですが福地さんは2mタンキリーチを打ちました。
チートイなら当然のリーチでしたが、これは手牌変化が多々あります。ですが、ドラ表にr5mがみえていて、剛プロが染め手だと考えるとソーズも薄く、さらに東西を自分で切っているので字牌タンキも可能性が薄いです。…というわけで鉄のデジタルリーチです。
ちなみに2mはcoaさんが2枚かかえてました。

東家 ASAPINさん
六萬六萬七萬八萬二筒三筒六筒七筒三索四索五索七索八索
福地さんはリー棒を出した時点で9600点のラス目です。
合わせ打ちの6sを鳴き、現物3pを打ちます。ドラの片アガリになります。
そして福地さんはr5pを切ることになり、合わせ打ちされた5pも鳴きます。そしてスジの2pを打つのかと思いきや、なんと無スジの6mを切ります。
剛プロもこれをチー。

四萬四萬四萬五萬六筒七索八索
から鳴いて現物69s待ちを張ります。
ASAPINさんは58mに張り替えし、9sを打つことになりました。
coaさんもこの手詰まりに近いところから現物でなく1sを打って、窮地を脱します。

・東4局 北家 ドラ6m 7巡目

ASAPINさん。
剛プロとcoaさんが40000点越えの大トップで、自分は26600点。福地さんは96000点です。

一萬三萬三萬六萬六萬七萬七萬八萬一筒二筒三筒四索五索
ツモ8m
ダマならラス回避確実。リーチならトップ集団入り、36sはいい待ちではない、という難しいところですがASAPINさんはリーチします。
そして3000・6000で一気に2着になります。

・南1局 東家 ドラ西 3巡目
福地さん
四萬五萬五萬四筒五筒六筒九筒九筒東東西西北北
ツモ4p
1人沈みからのチャンス手です。
渋川「福地先生の本になんて書いてあったか忘れたんですけど、チートイは犬を食わねえ? チートイをする奴は…何でしたっけ」
福地さんは4m切りとします。
西が出ます。ですが、なんと福地さんはこれをスルーします。
ただ、ルール上、ドラポンすると上家の剛プロが何も切らないので仕方ありません。
ですがASAPINさんがリーチをかけ、ここで4p9pを叩きます。西北のシャボです。
そしてASAPINさんも南と3pのシャボ。互角ですが…
ASAPINさんが2000・3900。
渋川「福地先生はすべての力を失ってしまいました…」
その後、福地さんはトビ。剛プロは3着なのになぜかプラスでした。


第3戦

・東3局 北家 ドラ1p 3巡目
coaさん
二萬三萬四萬五萬赤八萬九萬二筒二筒七筒八筒九筒八索
ツモ7s
高目9sはヤマに3枚生きです。
しかし不発。しかも9sは剛プロが2枚止めて形テンをとっていました。

・東4局 東家 ドラ7m 3巡目
ASAPINさん
一萬二萬三萬八萬八萬一筒二筒三筒五筒赤六筒三索五索赤六索
ツモ7p
絶好の配牌からカン2mを引き入れてリーチ。
しかし不発。

・東4局 東家 ドラ9m 4巡目
ASAPINさん
六萬七萬八萬九萬三筒三筒四筒四筒五筒赤五筒三索三索五索赤
ツモ7s
またまた絶好の配牌から鬼ヅモで鬼手をテンパイ。
しかし6sがヤマゼロ。またもや不発か、と思いきや。

二萬二萬三萬九萬九萬六筒七筒九筒九筒二索三索六索六索
福地さんが4sを引いて12000放銃。
ドラトイツ、しかも8p早切れで9pをもっておきたいための必然の打牌です。

・東4局2本場 北家 ドラ白 7巡目
剛プロ
五萬六萬六萬六萬七萬八筒九筒三索四索五索八索九索發
ツモ7s
トップ目で、ドラの白はション牌です。ただし、手替わりはほぼありません。
難しいところです。渋川さんは日和ダマするそうですが、大会では曲げた方がいいかもと言っていました。

10巡目
ASAPINさん
一萬一萬一萬二萬三萬四萬四萬四筒五筒一索二索二索八索
現物2pをトイツ落としして回っていますが、ここで出た3pをチーします。ちなみに通っているのは23mだけで、ソーズはすべて無スジです。
とりあえず3mを落として、形テン狙いですが、これだと竸っている剛プロに海底を回してしまうので、よくないかもしれないということでした。

同巡
福地さん
三萬三萬五萬赤五筒七筒二索三索三索四索四索東白白
ラス目で当然の押し、カン6pを鳴きます。その後も無スジを通しつづけ、ついに白を鳴き

五萬赤五萬二索三索三索四索四索 白白横白 六筒横五筒七筒
を14巡目にして張ります。
しかし剛プロが7pで1300をアガリました。

ちなみにASAPINさんは
一萬一萬一萬四萬四萬四萬一索一索二索二索 三筒横四筒五筒
でテンパイをとり、しかもヤマに生きている2sをツモればアガれる形でした。

・南1局 北家
ASAPINさんが遠い仕掛けをしますが、福地さんの親流しでラス固定です。

・南2局 北家 ドラ3m 8巡目
福地さん
六萬七萬八萬八萬八萬三筒四筒五筒二索三索四索四索五索
約20000点差の親のcoaさんを狙ってリーチします。

2巡後
ASAPINさん
三萬三萬四萬五萬六萬六筒七筒七筒八筒八筒四索五索赤八索
ツモ8s
好手から1pトイツ落としで回っていたところから、この手になります。
トップ目ですが、スジの7pを切って張ったら8p勝負か、ドラ3で8s勝負と行ってもいいですが、現物4mを抜き打ちます。絶対にラスにだけは打ち込まない構えです。

14巡目
剛プロ
四萬五萬六萬二筒二筒三索五索五索六索七索發發發
ツモ2p
發を打ち、その後ASAPINさんがドラポンして、4枚目の2pをもってきます。
3p3枚見えで、テンパイ維持のために2pカン… と思いきやクリミスリーチします。天鳳の弊害ですね。

・南3局 西家 ドラ8m
福地さん
一萬五萬二筒四筒六筒七筒七筒九筒一索東西北白
諦めず、ここから12巡目にして
五筒赤五筒六筒七筒七筒九筒 九筒横七筒八筒 三筒横二筒四筒
までもってきます。

しかしASAPINさんが白バックのテンパイをいれます。
さらにASAPINさんが5pをもってきて、これが出ると確実に白がでます。しかし、5pは切れる牌ではないので6sトイツ落としします。

ASAPINさんと3000点さの剛プロもASAPINさんのオリをみてノーテンで終わらせます。
全員ノーテンです。ですが、このとき福地さんとcoaさんの点差が18700点で、1人テンパイだとハネツモの条件ができていました。
そしてオーラス(リー棒と積み棒こみで)、マン直・倍ツモ条件、すなわちマン直条件になりました。

・南4局 南家 ドラ5m

福地さんの配牌は
二萬二萬三萬五萬六萬四筒八筒八筒一索三索五索赤七索北
で何とか行けそうです。ですが、惜しいことに7700は8300だと100点差で届きません。

3巡目
一萬二萬二萬三萬五萬六萬四筒八筒八筒三索四索五索赤七索
ツモ5m
ぱっと浮かぶのはタンヤオドラ3ですが、福地さんは2mを切りました。これはラス回避を諦めてのリーチ狙いだと思われます。
ですが、
一萬二萬三萬五萬五萬四筒八筒八筒三索四索五索赤七索七索
ここに5mを引きます。これで4mを引き入れたら直撃もありえます。
しかし次巡、8sを引いてリーチします。
完全に直撃を諦めての素点狙いです。ですが、ラスと3着の差が70ptあるので直撃を狙った方がいいということでした。
そして9sツモ。さすがに裏は乗りません。


第4戦

・東1局 南家 ドラ9s 14巡目
福地さん
二萬二萬二筒二筒三筒四筒五筒六筒八筒八筒 四索横五索六索
8pが出ます。親がすでに3フーロしていてピンズが1枚もみえていません。北家の剛プロがr5mを切っていて、チャンタドラ1の気配です。
ただ、親も北家も安く、テンパイをとってもいいでしょう。ここからフリテン147pにとって放銃でした。

・東2局 北家 ドラ2p 4巡目
coaさん
四萬四萬六萬九萬九萬五筒六筒六筒七筒四索六索北北
ここから北を叩き、素直にシャンテンにとりました。その後、9mをポンして、手牌すべてが4~6の危険な手牌になり、剛プロから一発だと18000のリーチがかかります。
しかしその同巡で5sツモ。逆に剛プロの大チャンス手を潰しました。

・東4局 西家 ドラ東
福地さん
東3局、マンガンをツモアガりトップ目に立ちます。「ラス確アガりしかアガれてなかった福地先生に」っておいww
そしてこの配牌です
二萬三萬四萬四萬五萬五萬六萬一索三索五索六索中中
親の剛プロがいきなり西をポンします。
そして7巡目、7sをツモってリーのみをテンパイします。
天鳳的にはダマですが、福地さんはリーチします。しかしこのとき、剛プロがマンズのシャンテン、ASAPINさんが東トイツで、東を鳴かせてしまって7700放銃し、一転ラス目に落ちます。

・南1局 東家 ドラ7s
coaさん
配牌
四萬五萬赤七萬八萬九萬一筒一筒六筒七筒八筒四索五索赤八索東
そして3巡目テンパイ、一発ツモします。

そして2本場、福地さんに好手が入ったと思ったらラス争い中の剛プロからリーチがかかり、しかも残り3枚のシャボだったものをツモられます。

・南2局 東家 ドラ7m 10巡目
福地さん
ボロボロの配牌から何とかリャンシャンまでもってきますが、剛プロからリーチがかかります。
三萬四萬二筒三筒三筒五筒五筒六筒七筒七筒一索一索三索
ツモ3m
現物かつチートイシャンテン数維持の4m、通った2pを打ち、そこで
三萬三萬八萬三筒三筒五筒五筒六筒七筒一索一索三索
ツモ3s
でテンパイします。8mはスジで6pは現物です。
次に危険牌を引いたら打8mリーチですが、無スジでも自分で切ってしまっている8sを掴み、ツモ切りリーチにでます。
しかし剛プロにあっさりツモられます。

ちなみにASAPINさんが
六萬六萬七萬八萬八萬二索二索二索四索六索 五萬横六萬七萬 八筒八筒横八筒
から5mを鳴いてます。
いざとなったら8mをトイツ落としできるがための鳴きですが、実は手牌7枚中5枚がアタリ牌です。8mが出ることもありえました。

・南3局 西家 ドラ發 6巡目
coaさん
二萬二萬三萬四萬七萬三筒四筒四索南南發發發
ツモ3p
ASAPINさんがブラフ気味の9sポンをしますが、肝心のドラがcoaさんにアンコになります。
ふつうは2mですが、coaさんは3pを切りました。リャンメン固定で、かつ3p早切りで面白い一打です。そして目論見どおり25pで張ります。
ション牌の南を切っていて、剛プロも高い手を警戒しますが、2pが止まらずに出ます。

・南4局 西家 ドラ5m
福地さん。うまくマンツモ条件になります。
七萬八萬九萬九萬一筒二筒四筒一索南西西北中
そして7巡目
一萬二萬七萬八萬九萬一筒二筒三筒九筒一索二索西西
ツモ3s
で直撃3着、ツモ2着をテンパイします。
ただ、3mがヤマゼロです。
しかし、親の剛プロが32mを残してすべてソーズで、しかもアガりトップのcoaさんが65mを切っていて、32m落としがみえてきます。ですがASAPINさんがリーチ。
その後、2mが通ってふたたび3mがこぼれる可能性が出てきますが、あっさりASAPINさんがツモりました。


麻雀 魔神の読み (マイナビ麻雀BOOKS)
渋川 難波
マイナビ
売り上げランキング: 3,565

関連記事
スポンサーサイト
183:

勉強になる

2013.01.01 03:08 #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。