2013年01月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[咲-saki-闘牌小説] 照「なら私、麻雀やめる」菫「待て」

続きを読む
スポンサーサイト

マースタリーグseason2 第1節 観戦記

マースタリーグSeason2の観戦記です。
シーズン2は東風戦4戦と、特殊ルールありのエキシビションマッチです。
対局者は、三添りんプロ(日本プロ麻雀協会)、佐藤聖誠プロ(最高位戦日本プロ麻雀協会)、福田征史プロ(日本プロ麻雀棋士会)、氷室さん(東風荘最強雀士)の4人です。
例によって敬称略ですがご容赦ください。
続きを読む

辻垣内は本当に無能力者なのか? 辻垣内の手牌の共通点

続きを読む

阿知賀のレジェンドに観戦記を書かせてみた

続きを読む

咲-saki- 第108局 [世界] 辻垣内がキャプテンクラスの分析力をもっていることが判明!

※本編の連載分のネタバレ注意
続きを読む

近代麻雀 2013年2月15日号

続きを読む

Aブロック(白糸台シード)2回戦まとめ

第71回全国大会で、試合内容が直接描写されているのは姫松ブロック1回戦、Aブロック(千里山シード)2回戦、Aブロック(白糸台シード)2回戦、Bブロック(永水シード)2回戦、Aブロック準決勝、の5つのみです。ですが、Aブロック(白糸台シード)2回戦については、Aブロック準決勝が大将戦まで進行したおかげで、各試合内容が間接的に示されることになりました。そこで、Aブロック(白糸台シード)2回戦に関して、作中で示された情報をまとめてみました。

・対戦校
白糸台(西東京)
新道寺女子(福岡)
苅安賀(西愛知)
栢山学院(南神奈川)
(アニメ阿知賀編第5局)

・先鋒戦

煌「宮永さんには2回戦でボッコボコにやられたけど」
(阿知賀編第7話)
他、特に情報なし

ただし
淡「今回はアレ使わなかったんだねぇ。あのギギギーってやつ」
照「今回の相手は手強くて… 使いどころが難しかったから」
(阿知賀編第13話)
という発言を鑑みるに、苦戦していないはずの2回戦では「ギギギー」を使ったかと思われます。


・次鋒戦

菫(一昨日打ったときとはまた違う感じだ……)
菫(こんなに細かく刻む選手じゃなかったはず……)

(阿知賀編第13話)

他、特に情報なし

・中堅戦

1358048398731
羊先輩(江崎)が確認できます。
試合の推移は、

恒子「中堅戦は静かな立ち上がり!」

優希「しらたき糸こんにゃくつえーじぇー」
池田「新道寺と苅安賀もなかなかだし」

(第69局)

江崎「2回戦では稼げとったのに…… 申し訳なかです」
(阿知賀編第15話)

恒子「今大会ここまで5回の役満のうち2回が渋谷選手によるものなのは驚異的です!!」

白糸台はシードなので、他に役満をアガったとしたら2回戦しかありません。また、江崎の発言と総合するに、この役満は苅安賀か栢山からの出アガリであったと思われます。

他、特に情報はありません。


・副将戦

亦野(レギュラーになって以来、他校を相手に副将戦で2位になったことは一度もない)
亦野(ここまで削られたのも初めてだ……!!)

(阿知賀編第16話)

哩「点差もあっし、今日はしばりばキツうかきゅうて思うとけど――」
(阿知賀編第15話)

この発言からすると、2回戦の縛りはそこまで高くなかったかと思われます。

亦野が哩を相手にトップをとったというのは極めて不自然ですが、中堅戦で尭深が3着目、ラス目に32000を直撃して、2位が磐石になって攻撃を控えたのかもしれません。

他、特に情報はありません。


・大将戦

1358048398732

姫子(2回戦でん大暴れっていう感じやった)
姫子(さすが1年生にして白糸台の大将ばまかさるっだけんことはあっ)

(阿知賀編第18話)

照「でも2回戦で新道寺が何回か破ってた」
(阿知賀編第17話)

何回、というからには5回は超えてないでしょう。

他、とくに情報はありません。


1358048398730

また、苅安賀もしくは栢山の部長は第65局に登場しています。髪型からして、69局と同一人物だと思われます。
以上です。追加訂正があったらお願いします。




咲-saki- 阿知賀編 第18話[激化] 竜華が能力覚醒! 激化する打撃戦!

※阿知賀編の連載分のネタバレ注意 続きを読む

咲-saki-ファンが麻雀を打つときにありがちなこと

続きを読む

亦野は本当に弱いのか? フーロ数別の放銃率まとめ

能力考察をみていると、よく「亦野は鳴いて守備力が落ちているから振り込むんだ」という意見をみかけます。ですが、これは誤解です。
鳴いて手牌を縮めることによって放銃率が上がるというのは古い考え方です。回し打ちをする場合には、落とせるターツがなくなるので鳴くのは不利になりますが、即リーが多く、先行リーチに対してはベタオリか全ツのどちらかが基本の現代麻雀では、現物を残して鳴くかぎりは3フーロまでなら守備力に大差はありません。
実際、『おしえて! 科学する麻雀』掲載の、MJ4からのフーロ数別の放銃率のデータは以下の通りです。

放銃率
平均順位1フーロ2フーロ3フーロ4フーロ
2,3未満13,0113,8213,5519,10
2,5代16,3216,4916,9019,59


3フーロしていても、しっかり現物抜き打ちしてオリることのできる打ち手が強いということです。わざわざ記載しませんが、平均順位が下がるほど、フーロ数と放銃率の相関が大きくなっていきます。

以上から、亦野の能力は「守備力において決して弱点ではない」ということがいえます。

さらに、亦野の能力は攻撃に関して非常に強力だということができます。
出典は同じく、今度はフーロ数別のホーラ率のデータです。

ホーラ率
平均順位1フーロ2フーロ3フーロ4フーロ
2,3未満30,0938,9743,6629,21
2,5代25,6033,0536,5627,06


上位層になるほど、3フーロ、4フーロは勝算のあるときにしているということが分かります。
さらに、フーロ時のホーラのフーロ数の割合のデータは以下の通りです。

フーロ時のホーラのフーロ数の割合
平均順位1フーロ2フーロ3フーロ4フーロ
2,3未満50,8837,9410,960,21
2,5代47,7838,5713,110,53


上位層になるほど、オリを意識して3フーロは勝算のあるときでないかぎりしない、ということが分かります。まあ、愚形だったりすると3フーロはなかなかできません。
しかし、亦野はオリを考慮する必要がありません。3フーロした段階で、最大でも5巡でツモアガることができます。これは押すにあたっては非常に強力です。

平均3巡でツモれる(仮定)としたら、アタリ牌を掴む確率は
1-{(残りヤマ牌数-ヤマにある残りアタリ牌数)/残りヤマ牌数}^3

です。一般的な7巡目リャンメンリーチだったとして、アタリ牌を掴む確率は約26,5%です。ベタオリした場合の失点期待値も考えると、かなり押しやすくなっています
ただ、これは中盤で相手の無スジがまだ残っている場合です。終盤になって、無スジがほとんど残っていないとすると、五分のめくり合いと変わらなくなってきます。

総合すると、亦野の能力は、3フーロしている場合にはよほどの終盤でないかぎり圧倒的優位といってよく、2フーロまでの場合でも守備力は弱くなってはいない、といえます。


実際、準決勝副将戦をみてみると、

前半戦
東1局 2000/4000ツモ・3フーロ
東2局 2000放銃・1フーロ
東2局1本場 哩が出アガリ・2フーロ
東3局 哩がツモ・?
東4局 7700放銃・メンゼン
東4局1本場 灼がツモ・3フーロ
南1局 哩がツモ・?
南2局 9600放銃・2フーロ
南2局1本場 12300放銃・?
南2局2本場 8600放銃・?
南3局 灼がツモ・?

後半戦
南3局 哩がツモ・メンゼン
南4局 灼がツモ・3フーロ


…おかしい。こんなことはありえない…!
しかし、ともかく亦野の能力が弱くないということは言えるはずです。


関連記事:シャンテン数とホーラ率から分かる亦野がレギュラーに登用された本当の理由


おしえて!科学する麻雀
とつげき東北
洋泉社
売り上げランキング: 1,633

MJ5パーフェクトデータブック (ホビージャパンMOOK 441)

ホビージャパン (2012-03-30)
売り上げランキング: 50,627

ガールズ & パンツァー 2 (初回限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2013-02-22)
売り上げランキング: 11


孫引きも何なので、MJ5パーフェクトデータブックを買うことにしました。

四神降臨クライマックスSP 観戦記

12月29日に放映されて、コミケ組を徹夜の地獄におとしいれた四神降臨クライマックスSPの観戦記です。
今回の対局者は、RMU・河野高志、最高位戦・村上淳、日本プロ麻雀協会・鈴木達也、麻将連合・小林剛です。
例によって敬称略ですがご容赦ください。
続きを読む

咲-saki- 第107局 [開始] メンゼンを捨てた優希 その速力は…?

※本編の連載分のネタバレ注意 続きを読む

麻雀初心者に咲-saki-を勧める方法

その1.小学生編

夕方、少年が遊び疲れて家に帰ると、おいしそうなカレーの匂いが家中に充満している。

少年「やったー、今夜はカレーだ!」
母親「ううん。今夜は咲-saki-よ」

優しい母、仕事帰りの父、少しマセた姉。平凡だが、幸福な家族の団欒が広がっている。

姉「ねー、お母さん。この牌譜、すこし都合よすぎじゃない?」
母親「それはね。咲が魔王だからよ」
父親「はっはっは。こりゃ一本とられたな」
姉「もー、お父さんは黙ってて!」

少年「おかーさん、咲-saki-おかわり!」


その2.高校生編

朝、登校して下駄箱を開けると咲-saki-1期のBlu-rayがはいっている。ドキドキしながら咲が70符2ハンをアガる場面をみて、男友達のイタズラじゃないかと疑いつつも、放課後、体育館裏まで行く。

女子「来てくれたんだ」
男子「あ、あ、うん///」

男子(なにオレ、期待してんだよ。誤解だったらマジ、ハズい。つーか、からかわれてたら、どうやってごまかそう)

女子「あのね… こうやって呼び出されたってことは、どういうことか分かってるかもしれないけど…」
女子「私と咲-saki-阿知賀編のBlu-rayをみてください!」
男子「え、マジ!?」
男子「よ、よろこんで! こちらこそ、よろしくお願いします!」


その3.社会人編

夜、後輩を付き合わせて残業する。しかし、作業は膨大でまだまだ時間がかかりそうに思える。

後輩「お疲れ様です」
先輩「あ、もう上がっていいよ。あとは俺がやっとくから」

後輩「いや、自分も手伝います。勉強になるんで」
先輩「悪いな。ほら、阿知賀編の最新4巻」
後輩「あ、すみませんッス! 気が利かなくて。本当なら俺が買っとかなきゃいけないのに」
先輩「いいっていいって。それより、それ読んだら続き、はじめるぞ」
後輩「はい!」


みんなも周りに咲-saki-を勧めよう!


咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A(4) (ガンガンコミックス)
小林 立 五十嵐 あぐり
スクウェア・エニックス (2012-11-24)

近代麻雀 2013年2月1日号

続きを読む

宥菫が互いの手牌を入れ替えることによって打牌の変わる牌姿

続きを読む

2013年の咲-saki-見どころ

・咲-saki-本編

去年は咲-saki-に大きな変動がありました。そう、2回戦の決着です。2回戦が決着したことにより準決勝が開幕し、連載初期から存在が仄めかされてきた臨海女子も登場し、運命の決勝戦へとリーチがかかることになりました。
準決勝の見所はというと、それはもちろん決勝戦への出場校がどこになるかということに他なりません。準決勝は決勝戦への布石という面も大きいので、もう1校がいかに難敵かということが表現されることになります。…が、そうともかぎりません。
それは昨年度、2回戦が決着したことによって、姫松高校の準決勝進出が確定したからです。なぜ立は当初から伏線の張られていた永水女子ではなく姫松を準決勝進出校に選んだのか。それを読み解く鍵は第97局「三麻」にあります。
この回は、冒頭では末原先輩が苦しい状況から中学時代にした三麻を思い出して戦います。ですが、その後、咲が末原先輩には敗着としか思えないリーチをかけ、しかも姉帯さんの先負と霞さんの絶一門をかわしてアガりきります。咲、姉帯さん、霞さんは末原先輩が勝負の土俵にすら立てないところで戦っていたわけです。ここで読者は、タイトルの「三麻」が、末原先輩が中学時代にした三麻のことでなく、現在おこなわれている末原先輩抜きでの三人麻雀のことを指しているのだと分かったのです。
しかも、2回戦の決着後、末原先輩は2位抜けしたものの、自分が咲の支配下にあったことを知ってしまいます。末原先輩は無力感に意志沮喪してしまいます。しかし、赤坂代行が末原先輩を励まし、再起させます。ここに、主人公の視点の転換と、弱者が強者に勝つことはできるのかというテーマの提起がなされました。
ですが末原先輩はまだ赤坂代行を完全には信頼していません。2013年の咲-saki-、というよりもBブロック準決勝は、末原先輩と、そして赤坂代行との関係が見所になると思われます。


・咲-saki-阿知賀編

いわずもがな。Aブロック準決勝大将戦の行方と、Aブロックの決勝戦への進出校です。
阿知賀は果たして決勝進出することができるのか、それとも阿知賀編の完結に相応しく阿知賀女子は敗退し、千里山が勝利を収めるのか、はたまた新道寺が決勝に進出するのか、今年度上半期の最大の注目点でしょう。


・その他

「咲-saki-全国編」の制作が決定しました。咲フェス昼の部では、部長の中の人が「咲-saki-全国編」は夏に放映すると失言したそうですが果たしてどうなるでしょう。


2013年もよい咲-saki-ライフを過ごしましょう。


氷菓 限定版 第8巻 [Blu-ray]
角川書店 (2013-01-25)
売り上げランキング: 126

中二病でも恋がしたい! (7) [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2013-06-19)
売り上げランキング: 184

2013年 あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
旧年は大変お世話になりました。本年もよろしくお願いいたします。

・去年の反省
咲-saki-に傾斜しすぎた。結局、小倉本はともかく魔神本のレビューを2012年中にできなかった。今年は咲-saki-、麻雀漫画、麻雀戦術書・観戦記を、マンピンソーくらいのバランスで更新していきたい。

・去年の麻雀
天鳳はだいぶ上達したと思う。日記をみてみると、去年の3月ごろまではきっちり毎局の着順と、ラス引いたときの反省点を書いてるのに、夏ごろからはラス引いたときに「ラス」とメモするだけになっている。その天鳳すら2ヶ月くらい前からブログの更新でほとんどやっていない。たぶんこれからも気が向いたときだけやると思う。
リア麻(セット)はまったく上達していなくて愕然とした。確かに勝った記憶もなかったが、日記をみてみると春すぎから1回もプラスで終わっていない。理由も分からない。私は割と真面目な方なのでそんなには打っていないが、それでも月2くらいのペースで池袋の雀荘(※ZOO)で打ってるのに… なぜだ。

・去年の成果
去年の1月は腕立て30回が苦しいモヤシだったけど、いまでは3キロの重しを背負って腕立て100回はできるようになった。そろそろ5キロに増やしたい。腹筋はもともと結構できたが、両手に5キロずつの重しをもって腹筋、ツイストしての腹筋を連続で200回できるようになった(足の支えなし)。古雑誌の束をダンベル代わりにしているので、これ以上、負荷を上げることができないのが残念。これは去年の今ごろには想像がつかなかった。継続は力なりだと思う。

・その他
とくに根拠はないけど今年度中に「総合タワーリシチ」のアニメ化が決まりそう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。