2012年10月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年夏 咲-saki-全国編 放送決定! 他まとめ(画像あり)

1351434307457
続きを読む
スポンサーサイト

10月28日咲フェス実況&反響まとめ

1351174148582
続きを読む

魚と少女たちの心情

1350698361042

魚と少女たちの機微を描いた作品なら、博先生の『アクアリウム』があります。
4コマですが、起承転結はほとんどなく、かといってオチのない萌え系4コマではなく、全体としてストーリーが展開されていきます。
観賞魚店の娘で自身もアクアリウムの趣味をもつ「ゆう」は、ある日、店で同級生の「よしあき」と知りあう。しかし、よしあきには友達のいない幼なじみの「さおり」がいて… という話で、他人との距離感を計ることのできない2人の少女の交流が主軸になっています。百合度はあまり高くないのですが、繊細な作風で、絵柄が精緻なのでオススメです(4コマなのにほぼ全コマ、背景が描いてある)。



話は変わりますが、車椅子で魚が好き、しかも声がおかしいと人魚姫を思わせますね。百合と人魚姫はチートイと孤立ドラくらいの相性のよさですよ…


咲さん誕生日記念 嶺上開花談義

10月27日は咲の誕生日! というわけで今後、咲がアガりそうなカン材を使った牌姿をまとめてみました。
続きを読む

咲-saki- /zero 他まとめ

1347503155795
続きを読む

『終の信託』特別試写会・トークショーのレポートと感想

10月21日に立教大学ホームカミングデーで開かれた、『終の信託』の特別試写会とトークショーのレポートと感想です。
整理券は10時に配布開始でしたが、10時にはすでに配布会場の中庭は満員で、10分ごろには配布完了していました。
映画ですが、これまでの周防監督作品とは違い、画面の暗い、日本映画然とした映画でした。内容に関しては、ラストで泣きました。一見の価値はあります。
トークショーは、フジテレビの戸部洋子さんが司会を務めて、吉岡学長と周防監督が対談するというものでした。質疑応答もあったのですが、どれにも周防監督が即答して、しかも内容がはっきりとした思想をもったものだったので、映画製作への真摯さを感じました。
続きを読む

咲-saki- 第103局 [再会] 次第に明らかになる宮永姉妹の過去

※本編の連載分のネタバレ注意
続きを読む

埼玉を忘れてはいけない(戒め) 他まとめ

1350140842275
続きを読む

咲-saki- 阿知賀編 第15話[関門] 哩と誠子は能力者!

※阿知賀編の連載分のネタバレ注意
続きを読む

『レッツゴーなまけもの』1巻は11月7日発売!

□近オリ11月号

・レッツゴーなまけもの

「今日の竹ちゃん怖い… 口は悪いけど、いつもボーッとしてる私の竹ちゃんじゃない」
「俺は元々こういう人間だよ。つまらないことにだけやる気をだす、日本一のなまけものだよ」

まさか、なまけものという言葉がここで出てくるとは。涙目の茜かわいい。物語はクライマックスにはいっていますが、私としては続いてほしいですね。近オリのなかでは断トツで面白いですから。近オリの看板になっていますから、編集がやめさせるとは思いませんが、休載くらいはありえそうで不安です。
完結するとしたら竹井引退→茜と所帯をもつ→長子誕生→麻雀小僧に続く。という流れですね。いやマジで。
11月7日に待望の単行本化です。麻雀小僧の5巻も同日発売です。11月は24日に阿知賀編の4巻もありますし、大豊作です。


続きを読む

兎 野性の闘牌 ビジュアルファンブック

古本屋でみかけたのでつい購入。発売は2004年で、だいたい長期休載のころに出されたと考えていいでしょう。
カラーイラストは近麻で掲載したものの再録がほとんど。
キャラ設定は身長、体重、誕生日、血液型です。それからカラーイラストの制服設定が載っています。
座談会では「タンチョウの彼女は設定してあるけど登場させるつもりはない」とか適当なことを言っています。
書下ろし短編は園長のいないZOOで温泉にいく話です。サービスカットはありません。

馬場券悟 身長:198cm
惜しい。
しかし姉帯さんは園長より20cmも身長が高いんですね。想像がつきません。


咲-saki- 第103局 [再会]

今回は和たちが穏乃らに出会うまで。とくに進展はありませんでした。
続きを読む

玄は過小評価? 他まとめ

1348841491443
続きを読む

戒能プロの金輪は何なのか? 戒能プロがイタコでない可能性

1347974434184

プロ麻雀カードの戒能プロのブロマイド。背景は霧島連峰の賽の河原だといわれていますが、腕にはめている金輪については意外に話題にあがりません。この金輪が数珠なら話はそれまでなのですが、こうした金輪は私は見たことがありません。なので調査してみました。

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。