咲-saki-総合

カテゴリ:咲-saki-総合 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更新停止のお知らせ

くぅ~疲れましたw これにて更新停止です!
実は、咲まとめアンテナをみたらブログを募集していたのが始まりでした
本当は記事のネタなかったのですが←
ご厚意を無駄にするわけには行かないので流行りのネタで挑んでみた所存ですw
以下、お世話になった方々へのメッセジをどぞ

simoponさん
「本ブログは咲ほんだしの記事に触発されてはじめました。咲-saki-シリーズへの深い愛情には感心させられるばかりです。今後ともネタと愛情のつまった記事を楽しみにしております」

AILEさん
「NaNじぇいがなければホモビデオを鑑賞することなど一生なかったと思います。独特の言葉遣いを学ばせていただくとともに、数々のユーモアに笑わせていただきました」

しののぬさん
「独特の視点や綿密な考察で、咲-saki-シリーズへの理解をいっそう深めていただきました」

hannoverさん
「咲ブログの碩学たるhonnoverさんの咲-saki-シリーズへの考察には、咲-saki-シリーズへの理解を確かなものにしていただくのみならず、人文学の知見を広めていただきました。私的素敵ジャンクの美しい文章は文学作品のようで、読むだけで快感でした」

ギバート洋榎さん
「その押し出しで咲-saki-の周囲の人々をまとめる様子には目を見張らされました。おかげで咲-saki-スタッフの内情も分かったりしてありがたかったです。ちょっとヤクザっぽいとか思ったこともあったけど許してね」

zohnamさん
「咲グラフの科学的な研究には反証の余地がなく、咲-saki-シリーズを詳細かつ客観的に理解することができました。復帰を祈念しております」

隣のさん
「応援ありがとうございます。ごめんなさい。普通の咲ファンに戻ります」

妥当麻雀界さん
「麻雀TODAY、大変面白く拝読させていただきました。一度、卓を囲んでみたかったです」

雨七さん
「食べすぎには注意してね」

あああさん
「天牌もそろそろ100巻が目前ですね。そろそろ東大生の活躍する話があってもいいと思います」

いのけんさん
「近代麻雀漫画生活となめくじ長屋奇考録は私にとって永遠のブログです。これからも楽しみにしております。実際にお会いしたときイケメンで驚きました。こんなことなら握手して、イケメンパワーを少しでももらっておけばよかったです」

表裏裏さん
「鉄鳴きの麒麟児、ご出演おめでとうございます。リア麻の方も頑張ってください。交流はなくても、いつまでも応援しています」

ネマタさん
「書籍化おめでとうございます。現代麻雀技術論にまさる戦術書はありません。本ブログの執筆にあたっても、諸所お世話になりました」

久は俺の嫁さん
「数えきれないほどのお手数をとっていただき、感謝に堪えません。このブログをはじめた当初、久は俺の嫁さんのコメントが唯一の励みでした。少しでもお役に立てたのなら幸いです。このブログはあなたのためにありました」

閲覧者の方々
「…ありがと」ッターン!

では、

まとめアンテナ管理人様、ブログ管理人様、閲覧者様、私に「皆さんありがとうございました!」



まとめアンテナ管理人様、ブログ管理人様、閲覧者様に「ってなんで自分自身に!? 改めまして、ありがとうございました!」

本当の本当に終わり



スポンサーサイト

闘牌考察の書き方

 咲まとめアンテナに登録してあるブログでも、麻雀アニメ&麻雀ゲームあれこれさん、咲-saki-ほんだしさん、A&D 全てが混在するブログさん、近代麻雀漫画生活さん、妥当麻雀界ブログさん、麻雀雑記あれこれさん、咲グラフさん、あたりの実力者が闘牌考察に注力しています。なので、私が執筆指南のようなことをするのは不適当でしょう。ですが、私にも自信のあることがあって、それは詳細さです。全話の感想で、全局、全プレイヤーの牌譜を追っているのは少数でしょう。
 私ははじめから麻雀に興味のあったわけではなく、咲-saki-を読んでから必要を感じてルールをおぼえました。当然ですが、ルールをおぼえてから読んだ方がはるかに面白かったです。また、ブログで闘牌考察に注力しはじめたのも意図があってのものではありません。咲まとめアンテナの登録サイトを確認していただければ分かりますが、私がはじめたころから咲ブログが急増し、感想記事が20件以上もエントリーされるようになりました。やむなく他の記事との差別化を図って閲覧数を確保するために、牌譜検討に特化するようになりました。
 さて、本題です。前提として言っておくと、牌譜検討に麻雀の技量は必要ありません。麻雀は囲碁将棋とちがって情報量が限られています。なので、時間をかければ誰でも正着が分かります。知識さえあれば十分です。では、その知識は何かというと確率と統計です。確率は計算してください。統計は、現代麻雀技術論のサイトと、とつげき東北、福地誠の著書を参照してください。私が利用していたのは、おしえて!科学する麻雀麻雀 勝ち組の選択MJ4攻略大全です。私も戦術書マニアなので、挙げればキリはありませんが、これで十分です。あえて挙げれば、麻雀麒麟児の一打が憧の鳴き判断の考察にとても役立ちます。
 手順としては、まず、各局の点数状況と局面図をアーカイブ化します。はっきり言って、これだけで十分な価値があります。特定の牌譜を探そうと思うと、意外と時間がかかるものです。映像だとなおさらです。付言すれば、麻雀は実力の表れにくい競技ですから、実力の判断が印象論になりがちです。場況が分かるだけで、結果論にならず正確な実力の判断ができます。
 次に、統計上の上位者の手筋と合致しているか当てはめをします。自分が実力者であるという客観的な指標のある方は別ですが、手筋を批評するときは根拠を示した方がいいでしょう。
 そして、不自然な手筋を発見したら、その理由を仮説を立てて検証します。ひたすらトライアンドエラーの繰りかえしです。楽しくもありますが、最終的に検証に耐える仮説が発見できなかったときは疲労感をおぼえます。ただ、これで能力や、プレイヤーの思考を推定して、それがのちの展開や映像化で正解だと分かったときには少なくない達成感をおぼえます。
 また、この仮説を立てるヒントとして、各種の麻雀戦術書があります。また、私はネットやCSの麻雀番組の対局配信、プロのホームページで勉強していました。捨て牌読みなどです。
 あとは、ツイッターで天鳳の高段者の方と交流をもつといいかもしれません。丁寧に質問すれば解答していただけます。このブログの牌譜検討でも、少なからず参考にさせていただきました。以上です。




 こんなことを書いたのは、私にはもう詳細な闘牌考察を書く気力と能力がないからです。咲-saki-全国編の放映がはじまる以前に、最後にブログを更新したのが去年の6月です。第一に阿知賀編の放映が終了し、連載も休載が多く作品の供給が減ったこと、第二に咲まとめアンテナの登録サイトが増え、利用しにくくなったことがあり、このブログで記事が炎上したことが決定打となって意欲を失いました。このブログをはじめたのは趣味ですが、一面には金銭欲もありました。アフィリエイトの広告収入は月に300~500円ほどでした。週に1本、3時間くらいをかけて記事を投稿しての利益ですから、時給25円という微々たるものです。それでも満足感を得ていたのですが、それまでの閲覧数の総計が150000ほどだったのに、炎上した記事単独で20000PVほどになり、そして月収は2000円をこえました。記事の拡散は偶然によるもので、投稿作業に虚無感をおぼえました。
 そして、全国編の放映が開始したのを機に、シノハユで思ったことなどを書きました。が、すでに麻雀に関する意欲も能力も失っていました。もしこの記事を読んで興味をもたれた方がいたら、闘牌考察の記事を書かれることを望みます。



咲-saki-全国編2話 [応援] 冷やし透華の能力は能力無効化か?

 全国編の2話が放映されました。初回がキャラクター紹介で、2話が過去の合宿の話なので遅々としているように感じられます。いや、これで3話で即座に試合がはじまって姫松の点描がなかったらだいぶガッカリしますけど。

 その合宿編で、単行本では不明だった「冷やし透華」の対局の牌譜が明らかになりました。

sz02_02
sz02_03

 作中で描写された対局の牌譜のようです。
sz02_01

 牌を並べるとこうなります。点数状況は判別できませんでした。
sz02_05

 何の変哲もない1300オールの2本付けです。テンパイして、2mと5mを振りかえた次巡にツモ。リーチしていませんが、巡目が遅いので通常の打牌です。
 ただ、明らかに不自然なところを言うなら「異常がないのが異常」です。
 第一に、咲の手牌がタテに重なりません。通常ならカン材としてアンコの1つや2つがあるはずです。
 第二に、衣のイーシャンテン地獄が成立していません。透華のアガリは別としても、咲もツモでチートイをテンパイできています。
 もしかすると、冷やし透華の能力は能力無効化なのかもしれません。それが本質でなかったとしても、能力の一部であることは確かです。

 あとマホがコピー能力でアガった東パツの18000の局面図の一部が判明しました。
sz02_04



『シノハユ』の牌譜から推測できること (付:咲-saki-全国編第1話の牌譜)

・咲-saki-全国編第1話

 咲-saki-全国編の放映が開始しました。ファンとしては嬉しいかぎりです。雪のしんしんと降る静かなオープニングが期待感を高めます。彼女たちの関係性はまだ分かりませんが、短い会話からも深い信頼を感じさせます。きっと彼女たちが決勝戦まで進出するのでしょうね。
 ただ思ったのですが、今回は前半は各校の紹介、後半は東京観光で、原作とアニメ2編をみている視聴者のみを相手にしていたように感じました。実際に私は原作もアニメ1期も阿知賀編もみているのですが、全国編からみはじめる視聴者にとっては、特段のストーリーもなく、30分間、キャラクターが喋るだけで退屈ではなかったでしょうか。あまり内向きにはならないでいただきたいです。

 一応、西東京予選決勝戦の大将戦後半戦オーラスでの場況が分かりました。ただ、点数状況が分からないのであまり意味はありません。阿知賀編で先述されている淡の能力の法則を満たしています。
 強いていうなら、多治比ちゃんは西家で親番でないのに無スジの1pを切っていますから、逆転手が入っていたのかもしれません。

sz02
sz03
sz04


 南大阪予選決勝戦での最後のアガリの牌姿が分かりました。大差のうえで、末原先輩が2000をアガって危うげなくラストだったようです。
 姫松高校のBGMはいかにもご当地チームという感じでいいですね。はやくOSTを発売してほしいものです。
 洋榎ちゃんも美少女ですし、姫松については大満足です。

sz05




・『シノハユ』第1巻

 先日に1巻の発売された『シノハユ』を読みました。感動しました。正直なところ、阿知賀編の1巻を読んだときには、とくにストーリーの起伏もなく展開が単調で、不満足感をおぼえました。ですが、『シノハユ』は作品の粛々とした雰囲気もあいまって、物語に緊張感があって引き込まれます。
 さて、そんな『シノハユ』の牌譜です。

 まずは慕が転校先の麻雀部に訪れたときのことです。
 5巡目に西家がリーチして、親の閑無の打牌を南家が鳴いたところです。点数状況は不明です。ドラは白で、南家の手牌は
二筒四筒六筒七筒七筒五萬赤六萬七萬南南
 晒した牌は不明です。捨て牌は
南家:一萬發八索白九筒五索
西家:發九索白二萬六索横
 おそらく閑無の打牌は現物の6sで、西家は567sで鳴いて、鳴き三色と南のダブルバックにとったのでしょう。しかし、ドラがみえていて一発消しを兼ねるとはいえ、
二筒四筒六筒七筒七筒五萬赤六萬七萬五索五索七索南南
 から6sを鳴いて5sを勝負するでしょうか。6sは2枚目で急所で、また巡目も早いですが、愚形がのこっていてシャンテンにとるメリットが低いです。つまり、ここで自力でアガる必要があったということです。となると、少なくとも局ののこっていない南場、おそらくはラス前かオーラスでしょう。
 閑無はすぐに交代できる状況で慕がくわわることを断ったことになります。閑無の意思と性格がはっきり表れているといえるでしょう。

 次に、松江こども麻雀大会の決勝戦です。南3局、点数状況は下記の通りです。

慕(親):12400
閑無(南):42900
少年(西):22400
はやり(北):42300
ドラ:1p

 トップと30500点差、2着と29900点差で、どちらかに直撃しても条件がまだ厳しいところが難しいです。
 6mが全枯れして5m4mと落としたところで、8巡目に
一索一索二索二索三索一萬二萬三萬七萬八萬九萬一筒三筒三筒 (ツモ1p)
 で3pを外します。鳴いて親マンなので外した方がいいでしょう。ピンズは高いですが、タンヤオの閑無も、2巡目に3sを打っている少年も1sはもっていないので、それも期待できます。その後、テンパイして10巡目に
一索一索二索三索一萬二萬三萬七萬八萬九萬一筒二筒三筒
 から少年の4sを見逃します。観客席の男が「親なんだからアガっとけよ!」とかほざいていますが、出アガリでは2900、このあとツモアガリすれば8000オールで、その場合の期待値は、のこり2枚の1sが自分のツモスジにある確率が1-(76C8/78C8)で0.19580419580419584、24000を乗して4699.3006993007点です。見逃した方が得な計算です。さらに、2着と約30000点差の状況では、約27000差にして連荘しても逆転できる可能性は依然として低いです。この機を逸すれば逆転は難しいです。また、18000出アガリの可能性もあります。4m5mのターツ落としをしていますが、6mは全枯れなので通常の打牌で、1sはそこまで警戒されません。直感でも分かりますが、ここで2900出アガリはやはり悪手です。
 わざわざ休日にこども麻雀大会を観戦にくるほどの麻雀バカかロリコンで、そのうえ麻雀もヘタとなると救いようがありませんね。
 このあとはご承知の通り感動の展開ですが、慕の打牌は本人の精神性を表すと同時に、戦術としても優れていることが分かります。

 『シノハユ』。島根の大気の澄んだ田舎町で展開される少女の人生の物語、傑作です。


シノハユ (1) (ビッグガンガンコミックススーパー)
小林 立 五十嵐 あぐり
スクウェア・エニックス (2013-12-25)

咲日和 (3) (ビッグガンガンコミックス)
木吉紗
スクウェア・エニックス (2013-12-25)


 余談ですが、ライブドアブログでブログをはじめたのですが、すごい使いやすいです。久しぶりにfc2ブログを開いたのですが、使っていて辟易します。


咲-saki- 阿知賀編 16話 [軌跡] 竜華の真の実力が開放される。その名も「無極点竜華」

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。