スポンサー広告 > 『シノハユ』の牌譜から推測できること (付:咲-saki-全国編第1話の牌譜)
咲-saki-総合 > 『シノハユ』の牌譜から推測できること (付:咲-saki-全国編第1話の牌譜)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『シノハユ』の牌譜から推測できること (付:咲-saki-全国編第1話の牌譜)

・咲-saki-全国編第1話

 咲-saki-全国編の放映が開始しました。ファンとしては嬉しいかぎりです。雪のしんしんと降る静かなオープニングが期待感を高めます。彼女たちの関係性はまだ分かりませんが、短い会話からも深い信頼を感じさせます。きっと彼女たちが決勝戦まで進出するのでしょうね。
 ただ思ったのですが、今回は前半は各校の紹介、後半は東京観光で、原作とアニメ2編をみている視聴者のみを相手にしていたように感じました。実際に私は原作もアニメ1期も阿知賀編もみているのですが、全国編からみはじめる視聴者にとっては、特段のストーリーもなく、30分間、キャラクターが喋るだけで退屈ではなかったでしょうか。あまり内向きにはならないでいただきたいです。

 一応、西東京予選決勝戦の大将戦後半戦オーラスでの場況が分かりました。ただ、点数状況が分からないのであまり意味はありません。阿知賀編で先述されている淡の能力の法則を満たしています。
 強いていうなら、多治比ちゃんは西家で親番でないのに無スジの1pを切っていますから、逆転手が入っていたのかもしれません。

sz02
sz03
sz04


 南大阪予選決勝戦での最後のアガリの牌姿が分かりました。大差のうえで、末原先輩が2000をアガって危うげなくラストだったようです。
 姫松高校のBGMはいかにもご当地チームという感じでいいですね。はやくOSTを発売してほしいものです。
 洋榎ちゃんも美少女ですし、姫松については大満足です。

sz05




・『シノハユ』第1巻

 先日に1巻の発売された『シノハユ』を読みました。感動しました。正直なところ、阿知賀編の1巻を読んだときには、とくにストーリーの起伏もなく展開が単調で、不満足感をおぼえました。ですが、『シノハユ』は作品の粛々とした雰囲気もあいまって、物語に緊張感があって引き込まれます。
 さて、そんな『シノハユ』の牌譜です。

 まずは慕が転校先の麻雀部に訪れたときのことです。
 5巡目に西家がリーチして、親の閑無の打牌を南家が鳴いたところです。点数状況は不明です。ドラは白で、南家の手牌は
二筒四筒六筒七筒七筒五萬赤六萬七萬南南
 晒した牌は不明です。捨て牌は
南家:一萬發八索白九筒五索
西家:發九索白二萬六索横
 おそらく閑無の打牌は現物の6sで、西家は567sで鳴いて、鳴き三色と南のダブルバックにとったのでしょう。しかし、ドラがみえていて一発消しを兼ねるとはいえ、
二筒四筒六筒七筒七筒五萬赤六萬七萬五索五索七索南南
 から6sを鳴いて5sを勝負するでしょうか。6sは2枚目で急所で、また巡目も早いですが、愚形がのこっていてシャンテンにとるメリットが低いです。つまり、ここで自力でアガる必要があったということです。となると、少なくとも局ののこっていない南場、おそらくはラス前かオーラスでしょう。
 閑無はすぐに交代できる状況で慕がくわわることを断ったことになります。閑無の意思と性格がはっきり表れているといえるでしょう。

 次に、松江こども麻雀大会の決勝戦です。南3局、点数状況は下記の通りです。

慕(親):12400
閑無(南):42900
少年(西):22400
はやり(北):42300
ドラ:1p

 トップと30500点差、2着と29900点差で、どちらかに直撃しても条件がまだ厳しいところが難しいです。
 6mが全枯れして5m4mと落としたところで、8巡目に
一索一索二索二索三索一萬二萬三萬七萬八萬九萬一筒三筒三筒 (ツモ1p)
 で3pを外します。鳴いて親マンなので外した方がいいでしょう。ピンズは高いですが、タンヤオの閑無も、2巡目に3sを打っている少年も1sはもっていないので、それも期待できます。その後、テンパイして10巡目に
一索一索二索三索一萬二萬三萬七萬八萬九萬一筒二筒三筒
 から少年の4sを見逃します。観客席の男が「親なんだからアガっとけよ!」とかほざいていますが、出アガリでは2900、このあとツモアガリすれば8000オールで、その場合の期待値は、のこり2枚の1sが自分のツモスジにある確率が1-(76C8/78C8)で0.19580419580419584、24000を乗して4699.3006993007点です。見逃した方が得な計算です。さらに、2着と約30000点差の状況では、約27000差にして連荘しても逆転できる可能性は依然として低いです。この機を逸すれば逆転は難しいです。また、18000出アガリの可能性もあります。4m5mのターツ落としをしていますが、6mは全枯れなので通常の打牌で、1sはそこまで警戒されません。直感でも分かりますが、ここで2900出アガリはやはり悪手です。
 わざわざ休日にこども麻雀大会を観戦にくるほどの麻雀バカかロリコンで、そのうえ麻雀もヘタとなると救いようがありませんね。
 このあとはご承知の通り感動の展開ですが、慕の打牌は本人の精神性を表すと同時に、戦術としても優れていることが分かります。

 『シノハユ』。島根の大気の澄んだ田舎町で展開される少女の人生の物語、傑作です。


シノハユ (1) (ビッグガンガンコミックススーパー)
小林 立 五十嵐 あぐり
スクウェア・エニックス (2013-12-25)

咲日和 (3) (ビッグガンガンコミックス)
木吉紗
スクウェア・エニックス (2013-12-25)


 余談ですが、ライブドアブログでブログをはじめたのですが、すごい使いやすいです。久しぶりにfc2ブログを開いたのですが、使っていて辟易します。


関連記事
スポンサーサイト
464:

ユキちゃん搾乳するよ

2014.01.06 21:28   #- URL[EDIT]
465:

>多治比ちゃんは西家で親番でないのに無スジの1pを切っていますから逆転手が入っていたのかもしれません。

逆転できる点差とは思えないが・・・
たかみに獲得点数で負けたくなかったって言ってるし、大会を通して、てるあわいたかみはかなりプラスだよね
もちろん決勝ではどうかわからんけど

2014.01.06 22:02 #- URL[EDIT]
466:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014.01.07 01:44 # [EDIT]
467:Re: タイトルなし

> >その場合の期待値は、のこり2枚の1sが自分のツモスジにある確率が1-(76C8/78C8)で0.19580419580419584、24000を乗して4699.3006993007点です。見逃した方が得な計算です。
> いやその計算は大分おかしいです。重要なところで以下の可能性を考慮してないです
> ・出和がり
> ・他家の和がりによりラスヅモまでツモれない
> ・他家の和がりによる失点
> ・親権確保そのものの評価

同感です。あくまで概算です。もしかすると、閑無が2フーロしてるからリーチでオロした方がいいかもしれませんね。

2014.01.07 09:15 ラム肉 #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。